なぜ世界的ブームが続くのか? 人気の「SUV」には意外な共通点が存在

三菱の新型「エクリプス クロス」は特徴的なCピラーデザイン

 なぜ、『Cピラーの形状デザイン』は世界的なSUVの共通点となっているのでしょうか。現在、販売されているSUVモデルのなかで、最もスタイリッシュな『くの字』を演出している三菱「エクリプス クロス」のデザインについて、三菱は次のように説明します。

「SUVのデザインについては、各メーカーでいろいろな方向性があると思います。エクリプス クロスに関していえば、前から後ろへと流れるルーフのラインとサイドのキャラクターライン(ドア部の造形線)を繋げると必然とCピラー部がくの字型の形状となります。

 なぜこの形状になるのかというと、“クーペスタイル”を意識してデザインしたことが、『Cピラーの形状デザイン』を特徴的なものにした要因です。過去にクロカンや本格四駆が流行した時代と違い、いまは舗装された道や都市部でも違和感ない、“スタイリッシュさ”を要望するユーザーが多いためです。

 そのため、過去イメージとの差別化を図るため、ゴツゴツとした大きなSUVではなく、シャープでスマートなデザインが世界的なSUVのトレンドとなっているのだと思います」(三菱自動車)

※ ※ ※

世界的にはBMW「X6」がパイオニア的存在

 海外メーカーでは、2008年に登場したBMW「X6」がパイオニア的モデルといわれています。また、『2018‐2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー』を受賞したボルボ「XC40」は、他車に比べるとCピラーの形状は垂直ですが、ルーフの配色やデザインを下げることで、低重心な“クーペスタイル”らしさを演出しています。

PRクーペ風SUVのパイオニア! X6の中古車情報はコチラ

 これまでSUVをラインナップしていなかった、ランボルギーニやアストン・マーティンでも今ではSUVモデルを投入。他メーカー同様に“クーペスタイル”を意識したデザインです。ことわざに『十年一昔』とあるように、世の中は移り変わりが激しく、10年経つと昔のことになってしまいますが、クルマ業界のスタイリッシュなSUVブームはまだまだ続くといえます。
 
【了】

話題のトヨタ「RAV4」から国産・輸入車のスタイリッシュさ溢れるモデルを画像で見比べる

画像ギャラリー

1 2

最新記事