スズキ「スイフト」3世代連続の快挙! 「カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞=インド

スズキ「スイフト」が「カー・オブ・ザ・イヤー インド」を受賞しました。初代、2代目、そして現行モデルと3世代続けての受賞は史上初となります。

インドで初めて3代続けて受賞

 インドで生産・販売するスズキの「スイフト」が、インドのカー・オブ・ザ・イヤーである「Indian Car of the Year 2019(以下:ICOTY)」を受賞しました。

インド製のスズキ「スイフト」

 今回の受賞によりスズキ「スイフト」は、過去の歴代2モデルに続き3世代続けて、ICOTYに選ばれた唯一の車種です。ICOTYは、インドで最も権威ある自動車賞となり、インド自動車雑誌11誌、自動車評論家18名の選考委員で構成されています。

 インドでは、初代「スイフト」が2006年、2代目が2012年にICOTYを受賞。今回、受賞した3代目となる新型「スイフト」は、個性的でスポーティーなデザインです。

 しっかりしたハンドリングと高い走行性能、使い勝手の良さなどが特長のプレミアムハッチバックとして インドのユーザーから好評まれていると言います。

 現在は、スズキのインド生産子会社スズキ・モーター・グジャラート社で生産し、子会社マルチ・スズキ社が販売。「スイフト」は2005年の発売以来、インド国内で累計200万台以上が販売されている人気なクルマです。
 
【了】

史上初の快挙となったスズキ「スイフト」を見る

画像ギャラリー

最新記事