マツダ新型「キャロル」を発売 昼間の歩行者検知機能などを追加し先進安全装備を充実させる

マツダは、低燃費とシンプルかつスタイリッシュなデザインを特長とする軽自動車「キャロル」の先進安全装備を充実させ、全国のマツダ販売店を通じて2018年12月20日に発売しました。

先進安全装備の機能向上を図ったマツダ「キャロル」

 マツダは、低燃費とシンプルかつスタイリッシュなデザインを特長とする軽自動車「キャロル」を一部改良し、全国のマツダ販売店を通じて、2018年12月20日に発売しました。

先進安全装備が充実したマツダ「キャロル」

 今回の改良では、昼間の歩行者検知機能を追加した衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」を含む先進安全装備を「GL/GS/GX」グレードに採用し、後退時の安全にも配慮した「後退時ブレーキサポート」と誤発進抑制機能[後退時]も追加されました。

PRマツダ版アルト! キャロルの中古車情報はコチラ!

 また、走行時の車線逸脱警報機能とふらつき警報機能、夜間時のハイビームアシスト機能、駐車時のリアパーキングセンサーを新たに採用しています。

 これら3機種は、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当します。

 また、エントリーグレードである「GF」については、約55km/h以上で走行中に急ブレーキを検知すると、ハザードランプが自動で高速点滅し後続車に注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を新たに採用し、安全・安心な運転環境をサポート。

 そのほかの改良点として、内装のパネルカラーとシート表皮カラー変更と、その他一部意匠変更(全車)。「GS/GX」グレードには、ディスチャージヘッドランプ(+オートライトシステム)を採用しています。

 マツダ「キャロル」の価格(消費税込)は84万7800円から121万5000円となっています。

【了】

一部改良されたマツダ新型「キャロル」の画像を見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事