似て非なる存在のホンダ「N-BOX」と「N-VAN」 性能は同等でも使い勝手や税金面に大きな違い

ホンダの人気軽自動車「N-BOX」。その商用車モデルとして2018年7月に登場した「N-VAN」。一見どこが違うのかわかりにくい両車ですが、知れば知るほど個性あるキャラクターをもつクルマでした。

同じホンダの軽バンモデル「N-BOX」と「N-VAN」

 ホンダの軽自動車といえば大人気モデルの「N-BOX」。2代目となる現行モデルは発売後2ヶ月連続で月間販売台数を2万台超すなど、不動の人気を誇るクルマです。同じ「Nシリーズ」の仲間として2018年7月に登場した「N-VAN」と外観や使い勝手など似ている部分があり、クルマを知らないユーザーからすると違いがわかりません。

PRこれが日本一売れたクルマ! N-BOXの中古車情報はコチラ

ホンダの「Nシリーズ」を代表する2台(左:N-BOX/右:N-VAN)

 ホンダの「N-BOX」とは、2011年に登場したホンダを代表する軽自動車で、標準モデル「N-BOX」とカスタム仕様「N-BOX custom」という2タイプを展開。グレード数は、パワートレインの違いとしてNA仕様とターボ仕様など、「N-BOX」で全12グレード。「N-BOX custom」は、全6グレードのラインナップです。

 自然吸気のNA仕様は、660ccで最高出力58PS、最大トルク6.6kgf・m、ターボ仕様は排気量こそNA仕様と一緒ですが最高出力64PS、最大トルク10.6kgf・mとパワフルな仕様です。カタログ燃費(JC08モード)は、23.0km/L(4WD)から27.0km/L(2WD)を誇ります。

 ボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1790mm(1815mm)で、タイヤサイズは155/65R14または165/55R15です。

 対して「N-VAN」は、現行モデルの「N-BOX」をベースに開発された商品車となり、同社のホンダ軽バンを支えてきた「アクティバン」と「バモス」の後継車とも言える存在です。

 標準モデル「N-VAN」と趣味性を高めたモデル「N-VAN +STYLE FUN」という2タイプを展開。グレード数は、「N-VAN」が全2種類。「N-VAN +STYLE FUN」は、ターボ仕様やスタイリッシュな外観デザインなど全3種類となります。

 NA仕様は、最高出力53PS/最大トルク6.5kgf・m、ターボ仕様は最高出力64PS/最大トルク10.6kgf・mとなり、トランスミッション(CVT/6速MT)、駆動方式(2WD/4WD)が選択可能。カタログ燃費(JC08モード)は、17.6km/L(4WD)から23.8km/L(2WD)となっています。

ホンダ「N-BOX」と「N-VAN」の違いを画像でチェック(20枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事