ヤマハ「YZR750」 ロードレーサー2スト最大排気量のモンスターマシン

ヤマハの2ストロードマシン最大排気量748ccを誇る「YZR500(0W31)」は、数々のレースで栄光を掴んでいます。

アクセルフルオープンで2ストならではのドッカンパワー炸裂!

 ヤマハのYZR750(0W31)は、市販マシンTZ750をベースに大幅なファクトリーチューンが施され、フォーミュラ750世界選手権やデイトナ200のレース規定に適合したマシンです。

YZR750(OW31)とキング・ケニー

 フレームはYZR500(0W23)の基本骨格を用いて専用設計され、外装もYZR500と共通化することで市販TZ750と差別化されています。1976年に登場した0W31は、1979年(0W46)まで進化を続け、最終型の最高出力は160ps、最高速度300km/hを記録しています。

 エンジンは、レギュレーション上、TZ750のクランクケース周りを用いていますが、シリンダーや排気系の改良で大幅に出力アップされた2ストローク748cc並列4気筒を搭載しています。2ストロークのロードレースマシンとしては、今でも世界最大排気量を誇り最高出力115ps以上を発生させていました。容易にマシンのフロントがリフトする状況が見て取れます。

YZR750(0W31)とキング・ケニー

 ヤマハ・インターカラーが施されたYZR750を駆るケニー・ロバーツのライディングによりデイトナ200マイル(1978年)勝利を始め国内外のフォーミュラ750クラスで数々の栄光を勝ち取りました。

【了】

モンスターマシン「YZR750」とキング・ケニーを写真で見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事