軽自動車人気No.1モデル ホンダ「N-BOX」の売れる理由とは

人気の軽ハイトワゴンホンダ「N-BOX」の良さを実際に試乗した様子やスペックから紐解いていきます。

不動の人気モデル、ホンダ「N-BOX」の魅力とは

 軽自動車のなかで、いま人気ジャンルなのが「軽ハイトワゴン」と呼ばれる背の高いタイプのモデルです。そのなかで、ホンダ「N-BOX」は軽自動車全体でも販売台数トップに君臨するなど人気の高さが伺えます。

 実際に、2018年11月の「軽四輪車 通称名別 新車販売速報」では1万9485台という数字を記録。2位のスズキ「スペーシア(1万1812台)」と大きく差がつく結果です。

人気軽ハイトワゴンのホンダ「N-BOX G・L Honda SENSING」

 ホンダの「N-BOX」には、標準モデル「N-BOX」とカスタム仕様「N-BOX custom」という2つのタイプが存在。それぞれに、「ベンチシート仕様」、「スーパースライドシート仕様」、「スロープ仕様」という室内レイアウトが異なります。

 さらにグレード体系では、パワートレインの違いとしてNA仕様とターボ仕様など、「N-BOX」で全12グレード。「N-BOX custom」は、全6グレードのラインナップです。

 パワートレインのNA仕様は、660ccで最高出力58PS、最大トルク6.6kgf・m、ターボ仕様は同排気量の最高出力64PS、最大トルク10.6kgf・m。カタログ燃費(JC08モード)は、23.0km/L(4WD)から27.0km/L(2WD)を誇ります。

 ボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1790mm(1815mm)で、タイヤサイズは155/65R14または165/55R15です。

人気軽ハイトワゴン「N-BOX」の収納スペースやシートアレンジを画像で見る(36枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事