ヤマハ「FZR400R」レース出場も可能な限定モデルとして誕生した!

ヤマハは、レーサーレプリカブームの時代にレースへ出場できる公道モデル「FZR400R SP」を発売し、各F3レースを席巻します。

メーカーは積極的にレーサーモデルを開発し発売した

 ヤマハ「FZR400R(1987)」は、デルタボックス(アルミフレーム)に4ストロークエンジンの排気システム「EXUP(エグザップ)」を初採用し、さらに、この車両は当時参加者が急増していたSPレース出場用の車両として発売された限定モデル(2500台)です。

FZR400Rは、レース出場を前提に開発されたスペシャルモデル

 当時レーサーレプリカの最高峰とも言える「FZR400R」は、新車価格89万円と他社のバイクとの価格差も広く、豪華モデルと位置付けられていました。

 69万8000円の通常モデル(FZR400)とは、シングルシートやアルミ製タンクカバーが装備され、エンジンは強化クラッチ、クロスミッションなどを採用しています。そのほかサスペンションやブレーキにも手が加えられ、当時人気を呼んでいた鈴鹿4時間耐久レースや全日本F3選手権にも出場が可能なスペックを誇っていました。

シングルシートにEXUP(エグザップ)、クロスミッションなどを採用

 ハンドリングに拘るヤマハは、本格的にラジアルタイヤをFZR400Rに採用し、今の時代を作ったといっても過言ではないでしょう。

 FZR400のSP仕様は、1994年にカラーリングを変更したFZR400RRを最後に発売、その後レーサーレプリカブーム終焉とともにFZRは姿を消します。

 XJ 400ZSから続いた400cc水冷 4気筒エンジンは、フルカウルモデルのFZR 400からFZ400に引き継がれネイキッドモデルの時代へと移行します。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事