災害時の電源として活躍目立つEV、PHEVの電源活用 真のクルマの多様化はじまった

プラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車が登場し、クルマの多様化が進んでいます。電気エネルギーで走るクルマを、そのまま電源として使うという動きも活発になってきましたが、どんなシーンで使われるか、メーカーに聞いてみました。

アウトランダーPHEVにはコンセントが装備されている

 近年では、ガソリン車に加え、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV/PHEV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)が登場し、クルマの多様化が進んでいます。

70年ほど前に販売された「たま電気自動車」の走行可能距離は65kmだった

 こういったクルマは動力源として、ガソリンエンジンと併せてバッテリーを搭載、あるいは、燃料電池か大容量のバッテリーのみを搭載し、電気エネルギーを利用して走ることが可能です。この電気エネルギーはクルマを動かすだけではなく、家庭用の電源と同様に電化製品を利用することができます。

 三菱から販売されている「アウトランダーPHEV」には、家庭用と同じ「コンセント」が付いており、そのまま電化製品を使用することが可能です。では、どのくらいの消費電力量まで、また、どんな電化製品が使えるのかなど、三菱に聞いてみました。

──アウトランダーPHEVの100V電源は何ワット(以下、W)まで使用可能ですか。

 1500W(15A)までとなります。よって、家庭用コンセントを同等となります。

──どんな電化製品を使用することができますか。

 家庭で使用可能な電化製品となります。医療機器については使用を推奨しておりません。

──クルマで電化製品を使用するシーンはどのようなものを想定されていますか。

 キャンプなどアウトドアでの利用を想定しています。また、停電時に電気が必要な場合でも、使用が可能です。なお「アウトランダーPHEV」はエンジンで発電もしますので、より安心できます。

──電源タップなどを用いて複数の電化製品を使用し、許容量を超えてしまった場合はどうなりますか。

 許容量(1500W、15A)を超えた場合は給電をストップさせます。また、電源タップによるタコ足配線(複数の家電を同時につなぐ)は、当社のクルマとは直接関係ありませんが、火災などの懸念もありますので推奨しておりません。それと、漏電の場合も給電をストップさせます。

※ ※ ※

三菱「アウトランダーPHEV」はドライヤーも使用可能

 三菱では、これまでオプション装備となっていた100V AC電源(1500W)を「アウトランダーPHEV」の全グレードに標準装備し、車内外でいつでもどこでもドライヤーやパソコンなどの電化製品を使用できるようになりました。

「PHEV等の走行に電気エネルギーを利用するクルマ」に関する画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事