• くるまのニュース
  • ライフ
  • 「なぜこんなこと出来るんだ!?」全米が大絶賛! 日本人天才ペインターの最新作は「手彫り+銀塗装」

「なぜこんなこと出来るんだ!?」全米が大絶賛! 日本人天才ペインターの最新作は「手彫り+銀塗装」

世界最大規模の自動車部品・用品のトレードショー「SEMAショー」。出展社の多くは米国企業ですが、今回、日本のカスタムペイント専門店が出展した芸術品のようなカスタムカーが会場の話題をさらいました。アメリカ人が絶賛した日本人作のカスタムカーとはどんな車なのでしょうか。

カスタムの本場で日本人作品の「シボレー・インパラ」が大注目

 今年で52回の開催を迎えたSEMAショーは、自動車関連企業のブースが3000以上も出展される世界最大規模の自動車部品・用品のトレードショーです。出展社の多くは米国企業ですが、日本企業も自動車メーカーを筆頭に、カスタムカーショップやパーツを扱う会社が自社ブースや、多数のデモカーを出したりしています。そして今回、日本のカスタムペイント専門店が出展した芸術品のようなカスタムカーが会場の話題をさらいました。アメリカ人が絶賛した日本人作のカスタムカーとはどんな車なのでしょうか。

車をモチーフにしたアート作品? インパクトに満ちたシボレーインパラ(1958年)

 車をモチーフにしたアート作品? 凄まじいまでのインパクトに満ちた「シボレー・インパラ」(1958年)を製作したのは、奈良県にあるカスタムペイント専門店ROHANの井澤孝彦氏です。井澤氏独自の「エングレイビング」という技術と10年間を掛けて原料メーカーと共同開発した世界初の塗料を使って仕上げています。

「エングレイビング」とは、アメリカンカスタムカーの世界では古くからある手彫りの彫刻ですが、ローライダーの鉄バンパーやドアミラーなど狭いスペースに、アクセント的に施工するのが一般的で、井澤氏のインパラのようにボディ全体余すところなく、彫刻を行うカスタムは前代未聞の特殊な技なのです。

 バンパーに彫り込むのでさえ非常に時間も手間も掛かる技術をなんとボディ全体で実施。誰もがこの車のカスタムを手彫り+銀塗装によるものだとは到底、思わないでしょう。多くの人が少し凝ったデザインのラッピング? と思うようで車に近づいてみて表面を触って、実は彫刻だということに気づき、「OMG!!」となるわけです。

2016年のSEMAでは黄金の「GT-R」を出展し世界が注目

2016年のSEMAショーに出展した黄金のGT-R

 実は井澤氏が全身エングレイビングのカスタムペイントカーをSEMAに出展したのは今回が最初ではありません。2016年のSEMAショーに出展した黄金のGT-Rが最初です。(自社ブースではなくアルミホイールメーカーのブースのデモカーとして展示)

 このときの会場の反応も凄まじく、筆者(加藤久美子)は何度も写真を撮ろうとブースを訪れましたが、いつ訪れても人だかりができていて近寄ることすらできませんでした。3日目の閉会後にやっと写真に収めることができたのです。

 ちなみにこのGT-Rはその後、ドバイ日産のショールームにしばらくの間展示され、石油王たちが購入を争ったとか。マイケルジャクソンの息子もウワサを聞きつけてSEMAの会場に来たというビックリな逸話も残っています。

アメリカで絶賛された「シボレー・インパラ」を画像でチェック(19枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事