「Honda史上最高にミク」!? ホンダが初音ミクのアプリ「osoba」開発 クルマに新たなサービス1月から開始

ホンダは、ドワンゴと共同開発したiPhone向けアプリ「osoba(オソバ)」のサービスを2019年1月に開始すると発表しました。初音ミクを起用して、ドライブがより楽しくなる情報や、安全運転に役立つ情報をドライバー提供。

ホンダがドワンゴとコラボしたアプリを提供

 ホンダは、株式会社ドワンゴ(以下、ドワンゴ)と共同開発したiPhone向けアプリ「osoba(オソバ)」のサービスを2019年1月に開始すると発表しました。

初音ミクがあなたのおそばに寄り添う!?

「osoba」は、ホンダのオープンスポーツ「S660(エスロクロクマル)」のセンターディスプレイ装備車向けに開発され、USBを経由して取り出した車速・走行距離・外気温・灯火点灯状況などの車両情報をもとに、適切なタイミングでキャラクターがドライバーに対して発話する無料のアプリです。

 なお、「osoba」というネーミングは「ドライバーのおそばに寄り添う」に由来しています。

 今回リリースする「osoba」の発話キャラクターには、若者を中心に人気を得ているバーチャル・シンガー「初音ミク(ハツネミク)」を起用し、初音ミクの声でドライブがより楽しくなる情報や、安全運転に役立つ情報、車両のメンテナンスに関する情報などがドライバーへ提供されます。

 また、「osoba」のサービス提供に向けて、初音ミク楽曲コンテストをはじめとした企画を展開。詳細な情報については、「osoba」公式サイトにて順次公開予定となっています。

 ホンダとドワンゴは、自動車とコンテンツを掛け合わせることにより、新たな体験や価値を提供する新サービスの創出を目的とした共同研究を今後も進めていくと表明しました。

 本アプリの今後の展開についてホンダ広報部にうかがったところ、「他車種への対応とAndroid版のリリースについては未定です。新たな情報については『osoba』公式サイトにて、順次アップしていきます」とのことでした。

【了】

初音ミクが「S660」に降臨!に関する画像を見る(5枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事