トヨタの“働くクルマ”もついにハイブリッド化 新型「プロボックスHV/サクシードHV」発売

トヨタ「ハイエース」と並び、同メーカーの商用車の代表格としてラインナップされている「プロボックス/サクシード」は2002年の登場以来、ビジネスシーンを中心に活躍するステーションワゴンです。

安全機能と環境性能を各段に高めた最先端の商用車

 トヨタは2002年に初代が登場したステーションワゴン型の商用車「プロボックス/サクシード」を一部改良し12月3日より発売します。

新型「プロボックス」の最上級グレード“F”

 今回のモデルチェンジにより、燃費22.6km/L(WLTC)を実現する直列4気筒1.5リッターエンジン搭載のハイブリッドモデルが追加されたこの2車種は、2014年のマイナーチェンジ時に新型エンジンやCVTミッション搭載のためプラットフォームのフロント周りを刷新。外観のデザインもリアに貼られた車名ステッカー以外、共通とされました。

PRはたらくクルマの代表格!プロボックスの中古車はコチラ

 2016年からは衝突回避支援機能や車線はみ出しアラート、オートマチックハイビームを備えた「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が搭載されていますが、新型では昼間の歩行者も検知対象とすることで安全性も向上。

 その他、盗難防止用のイモビライザーやUSBポートの標準装備、スマートフォンやメモ帳も楽に置けるサイズの大きいマルチホルダーなどを備えることで、防犯性や利便性がさらに高められています。

 また、ガソリン車として燃費19.6 km/L (2WDモデル/JC08モード)を発揮する1.5リッターモデルと、「プロボックス」専用の1.3リッターエンジン搭載車もラインナップされたこの2車種は、ハイブリッドを除くすべてのグレードに2WDと4WDを設定することでユーザーの幅広いニーズに対応。

 価格(消費税込)は137万3760円から196万5600円で、一部グレードにはオプションとしてカラーバンパーやシートヒーターなども用意されています。
 
【了】

トヨタ新型「プロボックス/サクシード」の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事