電気バイクに6速ギア装備 KYMCOのEVスーパースポーツコンセプト登場【EICMA2018】

台湾の2輪メーカーKYMCOはEICMA2018において、EVスーパースポーツ「SuperNEX」を発表しました。

6速トランスミッションを装備した意味とは?

 KYMCO(キムコ)は、イタリア・ミラノで開催されたEICMA2018において、EVスーパースポーツ「SuperNEX」を発表しました。

EVスーパースポーツ「SuperNEX」

 もっとも注目されたモデルが「SuperNEX」です。KYMCOは近年Ionexに代表されるEVスクーターを数多く発表しています。

 今回発表されたSuperNEXは、EV車でありながらクラッチ操作を必要としない6速トランスミッションを装備し、ライダーが適切な出力を選択することで乗り易さが向上します。

 また、SuperNEXに採用された6速トランスミッションを使用することで、0-100km/hを2.9秒、0-200km/hを7.5秒、0-250km/hを10.9秒で走行することが可能です。

 装備されたKYMCO FEP(キムコ・フルエンゲージメントパフォーマンス)は、タイヤのスライドや加速時のウイリー抑制、荒れた路面や湿った路面でのトラクション性能向上、急なフロントブレーキにより後輪が上がりそうな時でもFEPは作動し貢献します。

EVスーパースポーツ「SuperNEX」

 SuperNEXは、マシンのサウンドについても考えられています。サウンドは、スーパースポーツモデルには欠かせない要素の一つと考えたKIMCOは、機械の鼓動を伝えるように世界で初めて設計したアクティブ・アコースティック・モーターを採用しています。

 アクティブ・アコースティック・モーターから発せられるサウンドによりライダーは、モーターの回転数レベルを把握し、ギアを操作、スロットルの開閉タイミングを決定できます。さらに回転数の上昇と速度が上がるにつれ、ライダーはサウンドの変化を感じることができとマシンの一体感を高めます。

 また4種類のパワーモードは、市街地での静かな走行からサーキット走行まで走行環境に応じた走行性能を選択可能にします。

キムコのEVスーパースポーツバイク「SuperNEX」の詳細を画像で見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事