ヤマハ「YZF-R125」 「R」シリーズの先鋒がモデルチェンジし登場【EICMA2018】

ヤマハ「YZF-R125」は、発売から20周年を迎えたヤマハのフラッグシップモデル「YZF-R1」を彷彿とさせるスタイリングへと刷新されました。

「YZF-R1」のDNAを受け継ぐ小排気量車の大本命!

 ドイツ・ケルンで開催されたインターモト2018でその姿を公開したヤマハの「R」シリーズの末弟「YZF-R125」が、EICMA2018でも再び展示されます。

ヤマハ「R」シリーズの末弟「YZF-R125」

 15馬力を発揮する水冷4ストローク単気筒エンジンを搭載する「YZF-R125」は、「R」シリーズのDNAを受け継ぐダイナミックでエキサイティングなスタイリングも魅力の一つです。

「YZF-R125」の販売が予定されていない日本では、「YZF-R3 ABS」/「YZF-R25」/「YZF-R25 ABS」の販売が来春以降に予定されています。

【了】

ヤマハ「YZF-R125」の画像を見る(3枚)

画像ギャラリー

最新記事