国や警察が推進! 地球と財布に優しいエコドライブとは

国や警察が推進するエコドライブは、地球にもお財布にも優しい活動です。具体的にはどのような行為がエコに繋がるのでしょうか。

国や警察が推進するエコドライブとは

 警察や経済産業省、国土交通省、環境省などで構成されるエコドライブ普及連絡会(以下:普及連絡会)は、エコドライブの普及や推進の活動として、11月を「エコドライブ推進月間」とすることを発表しました。

路上駐車も燃費悪化の要因につながる

 エコドライブ推進月間とは、エコドライブ(環境負荷の軽減に配慮した自動車の使用)に関して、2006年に策定した『エコドライブ普及・推進アクションプラン』に基づき、関係各省庁が連携して普及推進を図っていく活動のひとつです。

 今回、行楽シーズンでクルマに乗る機会が多くなる11月を「エコドライブ推進月間」とし、シンポジウムの開催や全国各地でのイベントなどを連携して積極的な広報を行ないます。

 また、普及連絡会では、エコドライブとして推奨すべき「エコドライブ10のすすめ」を2003年に策定し、一部見直しを経て広報啓発を実施。具体的な10項目は以下の通りです。

1.ふんわりアクセル「eスタート」
日々の運転において、やさしい発進(最初の5秒で、時速20km程度が目安です)を心がけるだけで燃費は10%程度改善。焦らず穏やかな発進は安全運転にもつながります。

2.車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転
車間距離が短くなると、ムダな加速・減速の機会が多くなり、市街地では 2%程度、郊外では 6%程度も燃費が悪化します。走行中は、交通状況に応じて速度変化の少ない運転を心がけましょう。

3.減速時は早めにアクセルを離そう
進行方向の信号変化や坂道での減速では、エンジンブレーキを活用しましょう。2%程度燃費が改善します。

4.エアコンの使用は適切に
クルマのエアコン(A/C)は車内を冷却・除湿する機能です。暖房のみ必要なときは、エアコンスイッチをOFFに。また、冷房が必要なときは、車内を冷やしすぎないようにします。たとえば、車内の温度設定を外気と同じ25℃に設定した場合、エアコンスイッチをONにしたままだと 12%程度燃費が悪化します。

エコドライブの画像を見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事