カワサキ「Ninja 125/Z125」125ccクラス最大級の車体でスポーティな走行を楽しむ【EICMA2018】

カワサキの小型スポーツバイク「Ninja 125/Z125」は、個性的でスポーティな設計をそれぞれ採用し、乗り心地や扱いやすさも同時に提供しています。

125ccクラス最大級の車格でスポーティ走行を楽しむ

 カワサキは、125ccクラスとしては最大級の車格が与えられたフルカウルの「Ninja(ニンジャ) 125」と、ビキニカウル付きの「Z125」をEICMA2018に展示します。

フルカウルの「Ninja 125」(左)とハーフカウルの「Z125」(右)

 最高出力15馬力の水冷4ストローク125ccエンジンを格子状のトレリス・フレームに搭載する「Ninja 125/ Z125」は、いわゆる姉妹車的な存在で、リアに備えられたスチール製モノサスや外周がウェーブ状となったブレーキディスク採用によりスポーティーな走行を意識した作りとされています。

 Ninja 125のアグレッシブな乗車姿勢は、スポーティな街乗りを念頭に車体が設計されています。

 一方で、Z125は、Ninja125と同じく軽快なハンドリング特性を実現していますが、乗車位置がより自由度のある設計とされいるため、ライダーは車体をコントロールしやすく、よりダイナミックでスポーティな乗り心地を味わえます。

【了】

カワサキ「Ninja 125/Z125」の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事