BMW Motrrad「R1250GS」可変バルブシステム搭載エンジンで走りを一新【EICMA2018】

BMW MotrradはEICMA2018にプレス試乗会でも高評価を得ている新型「R1250GS」を出展。熟成の進んだGSシリーズの最高峰モデルを披露します。

プレス試乗会でも高い評価を得ているBMW新型「R1250GS」

 ドイツ・ケルンで開催された「インターモト2018」にも登場し、EICMA2018でも再び姿を披露するBMWのGSシリーズの最高峰モデル、新型「R1250GS」は、搭載される1250ccのエンジンに回転数によって吸気バルブのリフト量を変化させる「可変吸気カムシャフト」(BMWシフトカム)を採用することで、特に5000rpm以下の低速走行時の走行フィーリングや燃費性能を向上。

BMW新型「R1250GS/HP仕様」

 前モデルから比べ最高出力は9%アップの136ps/7750rpm、最大トルクは14%上乗せした約15kg/6250rpmという高出力ながら、優れた電子制御装置と走行モード切替機能の搭載により状況に応じて最適な力を路面に伝えます。

 また、上級グレードの「スタイルHP」では、ラジエータープロテクター、フレームプロテクション、ゴールドクロススポークホイール、ラリーシート、ラリーフロントガラス、BMWモータースポーツカラーなどを採用することで、オフロードの走行性がさらに高められています。

「これまでの1200ccエンジンとは別物です」と語るドイツ本国の開発エンジニアの言葉とおりの、高い完成度が与えられた「R1250GS」は、同クラスの車種の中でも抜きんでた存在です。

【了】

新型BMW「R1250GS」の詳細を画像で見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事