スズキ新型「クロスビー」 ユーザー評価から中古車情報やカスタムまでを紹介

2017年12月に発売されたスズキ新型「クロスビー」。このクラス初となる小型クロスオーバーSUVです。デザイン面でもポップで可愛いのが特徴ですが、車中泊やカスタムも人気のようです。

スズキ新型「クロスビー」の魅力とは

 スズキ「クロスビー」は、2017年12月に登場した同社の新型モデルで、維持費の安い排気量1リッター以下のクラスでは、初となる小型クロスオーバーSUVです。

可愛らしいデザインやポップなカラーで人気のスズキ新型「クロスビー」

 開発コンセプトは、『SUVらしい“たくましさ”と“力強さ”とワゴン特有の広い室内空間をあわせもった新型クロスオーバーワゴン』です。ボディサイズは、全長3760mm×全幅1670mm×全高1705mmで、最小回転半径は4.7mとなります。

 パワートレインは、990ccガソリンターボエンジン+モーターと6速ATを組合せた仕様となり、カタログ燃費(JC08モード)は、20.6km/(4WD)Lから22.0km/L(2WD)です。

 グレード構成は、「ハイブリッド MX(HYBRID MZ)」と「ハイブリッド MZ(HYBRID MX)」の2タイプ存在。大きな違いとしては、安全装備、快適装備、運転席、インテリア、シート、収納スペース、エクステリアの7項目で、「ハイブリッド MZ」の方が豪華装備となっています。

 新型「クロスビー」は、内装の使い勝手も魅力です。ダッシュボード上のティッシュBOX収納スペースや助手席下シートアンダーボックス、リアシートの折りたたみテーブル(ハイブリッド MZ標準装備)など、日常シーンを考えたレイアウトです。

 スズキ「クロスビー」の購入層には、“車中泊を楽しみたい”という要望が多いと言います。しかし、後部座席を倒しただけのシートアレンジ(荷室長1165mm)では、段差やすき間がありそのままでは寝ることはできません。純正アクセサリーのマットや社外品で販売されているベッドクッションなどを活用することをおすすめします。

ポップで可愛いスズキ新型「クロスビー」の画像を見る(12枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事