ついに中国車が襲来か 「Lynk & Co」が新型車の世界発表を日本で行う理由

日本ではほとんどなじみのないブランド「Lynk & Co(リンク・アンド・コー)」が、新型車のワールドプレミアを富士スピードウェイにて前代未聞の規模で開催しました。自動車販売においても世界記録を持つという「Lynk & Co」とはどんなブランドなのでしょうか。

とんでもない販売記録を持っている? Lynk & Coとは

「Lynk & Co(リンク・アンド・コー)」は、ボルボ社と親会社であるジーリー・ホールディングのコラボレーションによって、2016年に生まれた新しいブランドです。日本ではほとんどなじみのないブランドですが、Lynk & Coがこのたび、新型車のワールドローンチを富士スピードウェイにて前代未聞の規模で開催しました。なぜ、中国ブランドがここ日本で新型車の発表を行うのでしょうか。

富士スピードウェイで盛大に行われたLynk & Co「03」のワールド発表イベント

 ご存知の方も多いと思いますが、ボルボはそれまでのフォードから2010年にジーリー・ホールディング(浙江吉利控股集団)の傘下となりました。ジーリー・ホールディングはボルボの他にも、ロンドンタクシー(英国)、プロトン(マレーシア)傘下のロータス・カーズなど複数の自動車関連企業を傘下に収めており、2018年2月からはダイムラー・ベンツの筆頭株主にもなっています。

 Lynk & Coは、2016年秋に発表された新しいブランドで、中国最大の民族系自動車メーカーであるジーリーオート(吉利汽車)とボルボ社の共同出資によって設立されました。本社はスウェーデン・ヨーテボリにあり、2500人の開発スタッフは半分以上がボルボ社から、残りはサーブなど他メーカーの出身とのこと。欧州のテクノロジーとデザインに基づいて世界で生産・販売される、世界で最も進んだコネクテッドカーブランド標榜しています。

 すでにLynk & Coは「01」と「02」の2モデルが発売されており、今回、日本で発表された「03」は2017年の上海モーターショーでコンセプトモデルが披露され、その市販モデルとなります。ちなみに「01」は発売からわずか2分半で6000台もの注文を受け、自動車販売におけるワールドレコードを保持しています。

なぜ?世界発表の場を富士スピードウェイに選んだ?

 今回、Lynk & Coが日本で新型車の発表会を行うことを聞いたとき、日本の自動車業界は騒然となりました。「ついに中国車が日本で販売?」「ボルボの販売ネットワークを利用するのか? それとも新たなディーラー網を整備するのか?」。結論から言うと、残念ながらLynk & Coの日本市場導入はないわけですが、そうなると気になるのが、「日本で販売しないのに、なぜ日本のサーキットである富士スピードウェイで世界発表会を行うのか?」ということです。

 誰もが気になるこの疑問に対してLynk & Coは、「今回発表する『03』モデルは、01、02と少し方向性が異なり、スポーツ志向の車に仕上げています。世界発表の場として相応しいのは、モータースポーツが盛んで世界的なレベルも高い日本のサーキット、諸々の設備が高次元で整っている富士スピードウェイが最適という結論に達し、富士スピードウェイでの開催を企画しました」と回答。そして、中国からはメディア関係者約300名(日本メディアは約20名)、ゲスト(購入見込みのある若い富裕層)150名の合計450名(+スタッフ50名)が大挙して来日したというわけです。

日本はコスト優先でやらなくなった中国車のド派手な発表会を写真で見る(45枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事