運転が怖い… ペーパードライバーの不安克服方法とは

運転免許を取得後、クルマに乗る機会がない人をいわゆる「ペーパードライバー」と呼びます。いざ、クルマを運転する場合にはどのような手順で「ペーパードライバー」を卒業すればいいのでしょうか。

ペーパードライバーの不安要素とは

 運転免許を取得したまま、数十年クルマを運転していない人もいます。そんな全く運転していない人を一般的に「ペーパードライバー」と呼びます。

普段クルマを運転していない人を俗に「ペーパードライバー」と呼びます

 都市部に住んでいる人であれば、クルマに乗らずとも公共交通機関を利用することで問題なく生活できてしまいます。しかし、就職や結婚、育児など生活環境の変化によって、どうしても運転をしなければいけない機会が訪れるかもしれません。そのような時、“脱・ペーパードライバー”へ立ち向かうには、どんな点に気を配ればいいのでしょうか。

 ペーパードライバーにつきまとう不安要素には、『車幅感覚(以下:車両感覚)』や『周辺環境』などがあげられます。まず、『車両感覚』はさまざま場面に必要になります。たとえば、クルマを駐車するときのクルマ前後位置や車幅、先行車との距離、対向車とのすれ違いなどです。さらに、狭い路地や商業施設の駐車場などでは“障害物や他車にぶつけるのではないか”というネガティブな考えにも繋がります。

 次に、『周辺環境』は、自宅周辺やよく行くお店までの道、さらには職場への道路事情など、交通環境を指します。都市部の3車線や5車線などの交通量が多い道路では、“周囲のクルマに合わせた動き”が必要となり、クルマでの運転は慣れが必要です。

ペーパードライバー教習の様子など画像で見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事