メンテナンスの基本… バイクの洗車は、手順が大事?

バイクを安全に楽しむ上で大切なメンテナンス。その基本とも言えるのが洗車です。普段からこまめに洗車する事により愛車の変化を細部まで把握でき、不具合の早期発見にもつながります。

カバーをかけていても、愛車は汚れる?

 バイクを購入したけれど、メンテナンスっていったい何をすればいいの?そんな疑問を持つバイク初心者はかなり多いはず。「何かをイジル」というイメージが強いメンテナンスという言葉。しかし、愛車を綺麗に保つ『洗車』も大事なメンテナンスの1つです。

バイクの汚れを一気に洗い流しましょう

 バイクの汚れは、使用頻度や用途、保管場所やその方法などによってさまざま。しかも、保管時にカバーをかけていたとしても車体は意外に汚れるものです。また、雨などの湿気によるサビから愛車を保護するという観点からも洗車は大切。しかも、流れが分かれば意外なほど簡単に洗車は可能です。

 今回は、そんな初心者でもできる洗車の方法についてご紹介します。

 雨の日だってバイクで移動するし、普段の置き場も屋根なしの吹きさらしだけど、それとこれとは別問題。「バイクにわざわざ水をかけても大丈夫なの?」そんな疑問を持っている方もいると思います。

 答えは「もちろん大丈夫!」なのですが、車体の経年劣化を早めてしまう一番の原因は、金属部分のサビである事も事実です。

 そのため、洗車時は鍵穴やマフラーの排気口など水が入り込みやすい場所はテープや布などでふさいで保護するのがおすすめです。ちなみに、『サイレンサーキャップ』とインターネットで検索すると、マフラーの排気口をふさぐ専用アイテムも売られているので、代用品では怖いという方は是非チェックしてみてください。

 下準備が整ったら、まずは水洗いから開始。車体全体にシャワーやバケツなどで水をかけ、ホコリや汚れを落とします。また、水洗いと同時に洗車用のシャンプーを規定量の水で薄めた洗剤液を作成し用意しておきます。

 シャンプーはバイク専用品がおすすめですが、クルマも所有しているという方は、扱いに特別な制限がある特殊車両でない限り、カーシャンプーと共用でも問題はありません。

「大切なバイクをキレイに保つ秘訣」を画像で見る(5枚)

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事