• くるまのニュース
  • 試乗記
  • トランプ吠える! キャデラック「XT5 クロスオーバー」は重要な役割担う? 贅沢な時間を過ごせるSUV試乗

トランプ吠える! キャデラック「XT5 クロスオーバー」は重要な役割担う? 贅沢な時間を過ごせるSUV試乗

ミドルサイズSUVのキャデラック「XT5 クロスオーバー」は、日米の関係改善を好転させるモデルとなり得るのか。日本でのヒットの可能性があるのか試乗を通して検証した。

大きなエンジン搭載で滑らかに快適に余裕のある乗り味を実現

 トランプ大統領が貿易赤字の元凶は、日本人がアメリカ車を買わないからだと叫んでいます。ですからキャデラック「XT5クロスオーバー」の役割は重要です。

キャデラック「XT5 クロスオーバー プレミアム」

 いま、時代はSUV花盛りですから「XT5 クロスオーバー」は販売増の絶好のチャンス。ちょっと大袈裟に言えば「XT5 クロスオーバー」の販売推移が日米の関係改善を左右するのです。今回ドライブして、そんな感想を抱きました。

PRUSAのプレミアムカー!キャデラックのU-carを見る

「XT5 クロスオーバー」は全長4825mm、全幅1915mm、全高は1700mmのミドルサイズのSUVです。日本のモデルと比較するならば「レクサスRX」と競合します。

 GMが日本に導入するSUVは2モデルです。もう一台は、とても大きなボディを持つ巨漢「エスカレード」。それは気軽に乗るにはサイズを持て余すことがありそうなので、現実的には「XT5 クロスオーバー」が、主力SUVということになるのでしょう。

 SUVとは『スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル』の略です。走りが整っており、荷室等に余裕があるモデルのことを指します。実際には「ジープ」のような使い勝手がありながら、それほど無骨ではなく、都会的な走行をこなすモデルのことを指し示すようです。セダンとワンボックスカーのイイトコドリと言えるかもしれません。

「XT5 クロスオーバー」は、自然吸気のV型6気筒DOHCエンジンを搭載し、排気量は3.6リッターもあります。最近はダウンサイジングという都合のいい言葉で、直列4気筒の小排気量エンジンを搭載する傾向にありますが、V型6気筒エンジンには、滑らかなサウンドや振動でメリットがありますし、大きな排気量のエンジンは余裕ある走り味が得られるのが特徴です。いかにもアメリカのクルマらしい力強いエンジンであり、僕はとても大好きですね。

 ギアは8速に切り分けられたオートマチックですから、小気味よい変速感が得られます。エンジンのもっとも効率のいい回転数を常にキープしようとしますから、走りにストレスを感じることはありません。

3.0リッターV型6気筒DOHCエンジン

 前輪だけでなく、前後のタイヤを駆動する4WDシステムを採用しているのも特徴です。道無き道を突き進むことを前提に開発されたモデルではありませんが、いざとなれば川原や砂漠に乗り入れることが可能ですし、アスファルトを走行するときでさえ安定性が得られるのです。安全なクルマだと言えるでしょう。

 足回りがバタバタすることはありませんでした。ハンドルを切り込めば小気味好く反応します。ボディはけっして小さくはありませんが、軽快な印象を得ました。

貿易摩擦解消の切り札になるか!?「XT5 クロスオーバー」の画像を見る(13枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事