• くるまのニュース
  • 試乗記
  • アウトドア派の家族にピッタリ! フォルクスワーゲン「ティグアン」にディーゼル仕様登場 

アウトドア派の家族にピッタリ! フォルクスワーゲン「ティグアン」にディーゼル仕様登場 

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に、ディーゼルターボエンジンを搭載したモデルが追加されました。エンジンの味付けも変更されたティグアンの乗り味はどう変わっているのでしょうか。

燃費も良く、燃料が安いことはガソリンエンジンに比べ経済性に優れている?

 フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に、TDIディーゼルターボエンジン搭載車が加わりました。

フォルクスワーゲン コンパクトSUV「ティグアン」TDI 搭載モデル

 ティグアンは、全長が4500mmのいわばミドルサイズのファミリーSUVという立ち位置です。デビューは2008年9月ですから、いまから10年程しか経過していません。フルモデルチェンジされ現行モデルの発売が開始されたのが2017年。そんな新鮮なモデルに今年、新たにディーゼルターボエンジンが加わったのです。

PRVWのコンパクトSUV!ティグアンのU-carを見る

 ティグアンに搭載されるディーゼルターボエンジンは、すでにパサートに搭載されている型式と同一のTDIです。ですが、最高出力は150PS、最大トルクは340Nmを発揮。パサートのそれは190PSと400Nmを発揮しますから、それよりはややパワーを抑えているのが特徴です。車重や使い方、あるいは経済性などを考慮して、出力等を変更したのでしょう。ただ、非力という印象はありません。

 一方、ティグアンにラインナップされているガソリンエンジンは1.4リッターターボ仕様ですが、最高出力は150PSです。ディーゼルエンジンと数値的には共通です。最大トルクはガソリンエンジンが250Nmなのに対してディーゼルエンジンは340Nmです。発進するときなどにいい仕事をするトルクが強いことは大きなメリットなのです。

2.0リッター TDI エンジン

 そもそもディーゼルエンジンは、ガソリンに比較して安価な軽油を燃料としています。税金が安く設定されているのが理由ですが、市場価格でガソリンと軽油では30円ほどの違いがあります。燃費を抑え、燃料が安く、しかも発進が力強いのですから、ファミリー層には喜ばれるはずです。

ディーゼルエンジンを搭載した「ティグアン」の画像を見る(13枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事