• くるまのニュース
  • ライフ
  • ハイエースやSクラスは平場のコインパーキングでもNG? 車両寸法、地上高…実はシビアな駐車の条件

ハイエースやSクラスは平場のコインパーキングでもNG? 車両寸法、地上高…実はシビアな駐車の条件

駐車場には、利用できるクルマの条件があります。機械式の立体駐車場などでは、車高や車幅がオーバーすると物理的に入らないことがありますが、平場のコインパーキングでも条件がシビアなこともあるのです。

ベンツSクラスは軒並みNG?

 駐車場には、利用できるクルマの条件があります。コインパーキングでも機械式の立体駐車場などは、規定の溝に両輪を収めて庫内にクルマを入れなければなりません。車幅が大きく車高が高かったりすると、物理的に庫内に入らないこともありますが、じつは平場のパーキングも、このような規定が細かく決まっています。

ロック板式コインパーキングのイメージ

 ある大手駐車場運営会社の「利用約款」には、平地に設置する駐車場における「駐車することができる車両」の基準がつぎのように定められています。

・車両全長 :3.3m以上5.0m以下
・車両全幅 :1.4m以上1.9m以下
・最高車両高:1.2m以上2.1m以下
・最低地上高:15cm以上
・車両総重量:2.5t以下

 この会社の場合、上記数値は全長と全幅、最低地上高については機械式およびタワー式駐車場も同条件となっています。また、これら数値に加え、次のような車両も駐車できないとされています。

・最低地上高が25cmを超える車両等、車両入庫認識装置が作動しないおそれのある形状の車両
・オートレベリング機能等を有し、車両高が変化する車両
・エアロパーツ装着車両等、ロック板との接触により入出庫障害を起こすおそれのある車両

 たとえば、メルセデス・ベンツ「Sクラス」は、ほとんどのモデルで全長5m超え、車幅も1.9mないしそれ以上なのでアウトということになります。車両高では、トヨタ「ハイエースバン」のハイルーフタイプやスーパーロングタイプなどが2.1mを超えてしまいます。

 最低地上高で見ると、エアロパーツを装着したいわゆる「シャコタン」のクルマなどが15cm以下、タイヤをインチアップした四駆などが25cm以上に当てはまる場合が当てはまります。

 もちろん、このことを知らずに停めている人もいるでしょう。しかし、こうした利用に関する規約は、駐車場入口付近の看板に明記されているケースも多いです。それぞれどのような理由で基準が設定されているのでしょうか。

ロック板のない「ロックレス」駐車場の仕組みを画像で見る

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事