• くるまのニュース
  • ライフ
  • トヨタが過熱する新型商用車競争にハイブリッドで参戦! 「プロボックス&サクシード」のHVが11月に登場

トヨタが過熱する新型商用車競争にハイブリッドで参戦! 「プロボックス&サクシード」のHVが11月に登場

ホンダ「N-VAN」、スズキ「スーパーキャリイ」といった新型商用車の登場で、これまでにないほど商用車が話題となっています。そこにトヨタが新たな刺客を送り込もうとしています。トヨタの商用車で、ハイエース&レジアスエースに次いで高い人気を得ている、プロボックス&サクシードのHVモデルです。

プロボックス&サクシードにハイブリッドがラインナップ

 ホンダ「N-VAN」、スズキ「スーパーキャリイ」といった新型商用車の登場で、これまでにないほど商用車へユーザーの関心度が高まっています。ビジネスで使う機会のある人には、身近で大切なツール。逆に使う機会が乏しい人には縁遠いクルマといえますが、それだけ新鮮に感じるのでしょうか。

トヨタの人気商用バン「プロボックス」。11月にはハイブリッドモデルが追加される予定

 今の乗用車は装飾が多い割に、肝心の運転感覚が曖昧だったり、シートが長時間の乗車で疲れやすかったりします。その点で商用車は仕事で使うクルマなので、不要な装飾は省きますが、走行性能、乗り心地、運転席の造りでは妥協しません。乗用車は見えない部分で手を抜きがちですが、商用車は見えない部分に開発の手間とお金を掛けています。このあたりもユーザーの共感を得やすいところでしょう。

 さて、トヨタの商用車で、ハイエース&レジアスエースに次いで高い人気を得ているのが、プロボックス&サクシードです。4ナンバーサイズに収まるコンパクトな商用車で、ボンネットを備えるワゴン風のボディを備えています。

 このプロボックス&サクシードは、全長が4245mm、全幅は1690mm、最小回転半径は4.9mに収まるため、狭い裏道や駐車場でも運転しやすいです。背が低く低重心なので高速道路での直進安定性が優れ、視線の位置が高いハイエースなどに比べると商用車に不慣れなユーザーも扱いやすいです。全高が1525mm(2WD)だから、立体駐車場を使いやすいメリットもあります。

 ただ荷室容量は、ワンボックスバンのハイエースなどに比べるとかなり狭いですが、小さな荷物の配達などには適しています。エンジンはプロボックスが直列4気筒の1.3リッターと1.5リッター、サクシードは1.5リッターを搭載しています。

 この商用車であるプロボックス&サクシードに、ハイブリッドが加わることになりました。販売店によると「発表は2018年11月と聞いています。細かな日程は未定ですが、11月の中旬から下旬になりそうです。ハイブリッドのグレード構成や価格は、今のところ分かっておりません」とのことです。

11月にHVモデルが追加となるプロボックス&サクシード等を写真でチェック(10枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事