BMWが特別仕様車「740i ドライバーズエディション」を発表 装備を厳選してスポーティな個性を強調

2018年9月21日、ビー・エム・ダブリューは同社のフラッグシップモデルの7シリーズ「740i M Sport」をベースにした特別仕様車「740i Driver's Edition」を発表、10月20日より販売を開始します。

フラッグシップモデルの持つスポーティさをさらに強調

 2018年9月21日、ビー・エム・ダブリューは同社のフラッグシップモデルの7シリーズ「740i M Sport」をベースにした特別仕様車「740i Driver’s Edition」(740i ドライバーズエディション)を発表しました。10月20日より販売を開始します。

 特別仕様車「740i Driver’s Edition」は、7シリーズの中でスポーティなデザインと走りを強調したモデル「740i M Sport」をベースに、同社の哲学である「駆けぬける歓び」をダイレクトに伝えるため装備を厳選しています。

スポーティさを強調した「740i Driver’s Edition」

「740i Driver’s Edition」は、ベースモデルからベンチレーションシートや後席オートエアコンディショナーなどの一部の快適装備を除外した一方、専用装備となる「Mストライプ」が施されたブラックの「ダコタレザーシート」を採用しています。 

 また「BMW 740i M Sport」のボディー・カラーである「アルピンホワイト」、「ブラックサファイア」に加えて、特別専用色である「シンガポールグレー」もラインナップされます。

 BMW7シリーズは、最先端の運転支援システムを装備し、洗練されたクラフトマンシップを余すことなく注ぎ込んだラグジュアリーセダンでありながら、「カーボンコアボディ」など革新的な軽量化技術で圧倒的な走行性能を誇ります。

 「740i Driver’s Edition」の価格(消費税込)は、1232万円です。

【了】

BMW「740i Driver's Edition」の詳細を画像で見る(3枚)

画像ギャラリー

最新記事