高速道路でトラブル発生! 道路脇にある「非常電話」はどうやって使う 誰につながる?

高速道路を走っていると道路脇に目にする機会のある非常電話。街から公衆電話がどんどん消えてきた今、どのように使ったらよいかわからないかもしれません。どう使えばいいのでしょうか。

非常電話の相手先は誰? つながったらどうしたらいい

 高速道路を走っていると道路脇に目にする機会のある非常電話。「SOS」などと書いてあり、事故や故障が起きたときに助けを呼ぶためにあることが分かります。

 街中から公衆電話がどんどん消えているいま、どのように使ったらよいかわからない人もいるかもしれません。実際、何のために使い、そして携帯電話で通報するのと何が違うのでしょうか。

高速道路に設置されている非常電話(提供:NEXCO中日本)

 非常電話がある場所は、高速道路では本線上、トンネル内、インターチェンジ、サービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)、バス停、非常駐車帯に設置されています。要所要所に設置されており心強い存在です。

 本線上の設置間隔は、NEXCO各社(東日本・中日本・西日本)の場合、通常は1km、トンネル内では200mおきに設置されています。見通しが悪いトンネル内では長くても100m程度歩けば非常電話にたどりつけることになります。

 助けを呼ぶために非常電話を使う方法は簡単です。受話器を手にとり、電話番号を押す必要はありません。事故や故障が起き、軽いパニック状態になるかもしれないときに、番号を調べる必要なくつながることは最大のメリットといえます。

高速道路では非常電話よりも携帯電話が安全か?

状況を説明できなくても、ボタンを押すことで係員に伝えることができる(提供:NEXCO中日本)

 高速道路に設置されている非常電話の繋がる先や使い方などをNEXCO中日本 広報室の河合氏に伺いました。

──非常電話はどのように使えば良いのでしょうか。また、どこにつながるのでしょうか。

 まず、非常電話BOXの蓋を開け、受話器を取っていただくだけで一部の非常電話を除いて係員につながります。また、会話が不自由な方や、日本語が話せない方のために、「故障」「事故」「救急」「火災」の緊急状態をイラスト、日本語、英語で表示したボタンを備えたものも設置されています。ですので、受話器をあげ、ボタンを押していただければ「何が、どこで起きているか」が係員に伝わるようになっています。

 NEXCO中日本管轄の高速道路であれば、管内に4箇所ある「道路管制センター」の係員(24時間365日常駐)に繋がり料金は不要です。

──非常電話と携帯電話の使い分けはどうしたらよいでしょうか。

 携帯電話では『#9910』にダイヤル(通話料無料)し、走っている道路をガイダンスにそって選択いただくと、非常電話と同じ道路管制センターの係員につながります。非常電話までたどり着けない場合は携帯電話から『#9910』におかけ下さい。運転中の場合にはトラブルがあっても携帯電話の使用は法律で禁止されていますので、同乗者がいれば同乗者に通報をお願いしてください。

 また、非常電話は、受話器をあげるだけでどの位置の非常電話から通報されているかが分かりますので、気が動転してしまってうまく伝えられない場合でも、「どこから」通報されているかを把握することができるのが携帯電話との違いです。携帯電話が普及していますが、現在のところ非常電話を減らすことは考えておりません。

※ ※ ※ ※

 非常電話では、瞬時に道路管制センターの係員に繋がります。携帯電話の電波が届かない場所や電池がない場合でも繋がり、ボタンを押すだけで「どこで、なにが」という状況が伝えやすいのも非常電話のメリットです。

 また、高速道路上でのトラブルは、他の通行車両に十分気をつけ、ガードレールの外側などの安全な場所を歩いて非常電話を探して通報するようにしましょう。

【了】

「非常電話」に関する画像を見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事