なぜ国内販売トップ5中4台も!? スライドドア付きの軽自動車が人気の理由

2018年上半期(1月から6月)の国内における販売順位を見ると、1位がホンダ「N-BOX」、2位はスズキ「スペーシア」、3位は日産「ノート」、4位はダイハツ「タント」、5位はダイハツ「ムーヴ」と、トップ5はノート以外すべてスライドドアの軽です。

現代のファミリーカーはミニバン? その後のクルマは?

 2018年上半期(1月から6月)の国内における販売順位を見ると、1位がホンダ「N-BOX」(N-BOXスラッシュを含む)、2位はスズキ「スペーシア」、3位は日産「ノート」、4位はダイハツ「タント」、5位はダイハツ「ムーヴ」(売れ筋はムーヴキャンバス)です。

 3位の日産ノートを除くと、すべて背の高い軽自動車です。N-BOX、スペーシア、タントは全高が1700mmを上まわり、後席側にスライドドアを装着しています。ムーヴキャンバスの全高は1700mm以下ですが、タントなどと同じように後席側にスライドドアを備えます。

日本の狭い駐車場などで重宝するスライドドア(ホンダN-BOX)

 背の高いボディとスライドドアの組み合わせは、まずトヨタ「ハイエース」のようなワンボックスバンに採用され、日産「セレナ」やホンダ「ステップワゴン」などのミニバンに装着されて普及しました。N-BOXやスペーシアは、ミニバンスタイルの軽自動車とも表現できます。

PR40万台の中古車在庫からあなたにぴったりの軽自動車をさがす

 全高が1700mmを上まわると、全長や全幅の割に車内を広く確保できます。小型車のミニバンであれば、3列シートの装着が可能です。軽自動車は乗車定員が4名ですが、後席の居住空間を大幅に広げられます。後席を畳めば自転車も積めます。またスライドドアは開閉時にドアパネルが外側へ張り出さないため、狭い駐車場での乗り降りもしやすいです。

 こういった機能によって、背の高い軽自動車やミニバンは人気を得ましたが、多くの人達がこれらの車種に必要性を感じているのでしょうか。

 国土交通省のデータによると、乗用車の平均乗車人数は、平日が1.3人、休日でも1.7人です。後席の機能を充実させる必要性は低いように思えます。

 それなのにスライドドアを装着した軽自動車が人気を得ている背景には、まずミニバンの好調な売れ行きがあるようです。ネッツトヨタ店のセールスマンは「今ではミニバンがファミリーカーの定番になり、3人家族でもミニバンを購入されるお客様が多いです」といいます。

 そしてホンダカーズのセールスマンによると「N-BOXを購入されるお客様には、フリードやステップワゴンからのダウンサイジング(小さな車種に乗り替えること)が目立ちます」とのことです。

 つまりミニバンがファミリーユーザーにとって一種のトレンドになり、いいかえれば憧れに似た存在になって、好調に売れています。その後、数年を経て子育てを終えると、3列のシートや大容量の荷室が不要になって小さなクルマへの乗り替えを検討します。ただしミニバンに慣れていると、天井の低い車種では圧迫感が生じるため、N-BOXのような背の高い軽自動車が購入されるのです。

売れ筋TOP5と人気ミニバンを写真でチェック(画像13枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事