新東名の輸送力がアップする!? 6車線区間の増大決定

2018年8月10日にNEXCO中日本は、新東名の御殿場JCTから浜松いなさJCT区間の「6車線化」を国土交通大臣より事業認可を受けたと発表しました。

東京-名古屋をつなぐ大動脈が着々と進化

 NEXCO中日本は、新東名高速道路「御殿場ジャンクション」から「浜松いなさジャンクション」における『6車線化事業』について、道路整備特別措置法第3条に基づき、2018年8月10日(金)に国土交通大臣の事業許可を受けたと発表しました。

今回は、新東名の静岡区間が対象

 御殿場ジャンクションから浜松いなさジャンクションは、145km区間のうち55kmが既に片側3車線の6車線です。今回の事業認可により、残りの89kmが『6車線化』されます。

 また、NEXCO中日本およびNEXCO西日本の両社は、東京、名古屋、大阪の三大都市圏をつなぐダブルネットワークの安定性や効率性を更に向上させるために、さらなる『6車線化』に向けた本格的な調査を実施するとしています。

 調査区間は、新東名高速道路(御殿場ジャンクションから浜松いなさジャンクション以外の区間)と新名神高速道路です。

【了】

新東名「6車線化」の画像を見る(3枚)

画像ギャラリー

最新記事