高速道に乗る前は「空気圧を高めに」は嘘? 空気圧はメーカー指定が1番良い理由とは

記事ページへ戻る

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

5件のコメント

  1. ガソリン入れるついでに、空気圧もチェックしてもらうのがお手軽だと思うけど
    ガソスタでチェックしてもらうと、少なくない確率でパンクが見つかる()

  2. タイヤ標準に貼られているシールの表記で良いが、タイヤの外径や太さが変わった場合は?

  3. タイヤは唯一、地面と接している部分。いくら最新の安全機能が付いてても、タイヤ代をケチって格安のウンコタイヤを履いてたら止まるものも止まらない。タイヤ代、ケチらんほうがいいぞ!

  4. 車両記載の標準値が240kPa。
    ホイールのインチアップして300kPaにしている。
    扁平タイヤ&空気圧アップはタイヤのタワミも極端に減るのでレスポンスはかなり良くなるが粘ることもなくなるので注意。エアーの容量も少なくなっているので空気圧低下は早いと思う。タイヤ温度による変化も大きい。
    TPMSを付けて監視している。

  5. タイヤの適正空気圧は車の乗車人数(積載重量)や路面状況により変わる物なのでそれに応じて調整するのが本来の在り方だが全てのドライバーがタイヤ空気圧調整を出来る訳ではないのでメーカーがその車の用途上対応できる中間的な値を指定空気圧に設定してるに過ぎない。
    なので高速走行次やフル積載時は空気圧を高めにするのは正しいし逆に路面状況が良くなく滑りやすい場合は空気圧を下げるのも一つの方法である。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー