「何を重要視する?」車の安全装備はざっくり分けて2種類存在! それぞれの違いとは

近年、コンパクトカーや軽自動車であっても予防安全技術を標準搭載するクルマが増えた
自動ブレーキ(ASV)割引を設定する自動車保険も登場している
くるまのニュース編集部が公式SNSアカウントで実施した「軽自動車に標準装備してほしい機能は何ですか?」では約半数のユーザーが衝突被害軽減ブレーキを標準装備化してほしいと希望した
歩行者保護を目的としたアクティブボンネットのイメージ。パッシブセーフティに分類される
衝突吸収ボディは、パッシブセーフティに分類される
衝突被害軽減ブレーキは、アクティブセーフティに分類される
軽自動車の世界でも予防安全技術の搭載が進んでいる(写真は「ホンダセンシング」を搭載するホンダ「N-BOX」)
「プロパイロット2.0」が搭載される日産「スカイライン」
「アイサイトX」が搭載されるスバル新型「レヴォーグ」
安全技術は日々進化を遂げている

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント