ホンダ新型「N-VAN」に長時間座れるシートの5ナンバー仕様は出る可能性ある?

フラットで広大な荷室が話題のホンダ「N-VAN」。現状では「4ナンバー仕様」のみの展開ですが、「5ナンバー仕様」の登場はあるのでしょうか。

N-VANのシートは、荷物搭載を優先した仕様

 フラットで広大な荷室が話題のホンダ「N-VAN」ですが、後部座席はもちろん助手席も遠出には向かないシートです。もう少し遠出に対応したシートを搭載するバージョンが登場する可能性はあるのでしょうか。

ホンダ「N-VAN」の後部座席

 N-VANは、『荷物にもドライバーにも配慮した商用車』です。運転席には、乗用車レベルのしっかりとした厚みのあるシートを搭載し、仕事で長時間、長距離を走っても問題ないつくりをしています。

 助手席や後部座席は、座席収納を考慮したため、非常に薄くフラットなものとなっています。これでは、体がしっかりと支えられず、長時間乗車することは難しそうです。

 ホンダのN-VAN担当者は、「N-VANのシート形状や厚みは、ダイブダウンして広大な荷室を実現するために必要です。また、助手席シートの厚みを増すと助手席部分までフラットということは不可能になります」といいます。

5ナンバー仕様の登場は?

 新型「N-VAN」は4ナンバー車(商用車)ですが、ホンダには以前にも「アクティ バン」「バモスホビオプロ(商用車仕様)」という軽商用車が存在しています。N-VANは、仕事以外にもアクティブに使えるクルマとしていることから5ナンバー車(普通車)の登場について伺いました。

 前出の担当者「N-VANは、乗用車仕様の後部座席に交換するような変更だけでは、5ナンバー仕様にはできず、再設計が必要になります。ただし、荷室が多少犠牲になっても長時間座れるシートを要望されるユーザーが多ければ登場する可能性はあります」と話します。

 また、5ナンバー仕様になったとしても、豪華装備の装着は難しいといいます。「N-VAN」は、商用向けのため荷室スペースを最大活用化するように設計されています。

 そのため、今では軽バンでも一般的になった電動スライドドアなどは、モーターの収納スペースなどを設けることができず難しいといいます。

 アクティブシーンが多いユーザーでも、家族などを乗せて快適な移動をするなら、多少荷室が狭くても乗用モデルの「N-BOX」を選んだほうが良さそうです。

【了】

バンでも異例の人気「N-VAN」の荷室をチェック

画像ギャラリー

最新記事