トヨタ 新型クラウン、なぜ6月に登場? ”クラウンブランド”ならではの理由が存在

2018年6月26日にトヨタ「クラウン」はフルモデルチェンジを遂げました。では、なぜ6月の発表となったのでしょうか。そこには、クラウンならではの理由がありました。

新車発表には“セオリー”となるタイミングがあります

 2018年6月26日(火)に15代目となる新型「クラウン」が発表されました。では、なぜこのタイミングでの発表だったのでしょうか。

15代目となる新型「クラウン RS Advance」

 一般的に、新型車の発表タイミングを左右する事情としては、「開発」「生産」「マーケティング」の3要素が存在します。最近のフルモデルチェンジはおよそ6年程度の周期で行われる場合が多く、先代「クラウン(14代目)」が2012年に登場したことから、2018年には新型「クラウン」が登場することは以前から想定されていました。

 もし、仮に「開発」や「生産」で発表タイミングがズレ込む場合、数ヶ月から1年単位でのズレが生じてしまうことになります。

 新型「クラウン」の場合は、おおよそ予定通り、2018年半ば頃の発表を目指して順調に進んでいたようです。そして開発・生産体制が整ったところで、いよいよ具体的な発表タイミングの決定となるわけです。

 実際には、関係各所との綿密で複雑なやり取りがあります。国産車の場合は、夏・冬のボーナス商戦や年度末の決算期に間に合うように、「5月から6月・10月から11月・1月から2月」が新型車の発表ラッシュになりやすいと言われています。

 輸入車の場合は、本国での生産の事情や為替による影響などの要因もあり、必ずしもこの通りではありませんが、いずれにせよ「売れる時期」を狙って新型車を投入できるように各自動車メーカーは苦心をしているのです。

トヨタ 新型クラウンを画像でチェック(14枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事