カワサキのレトロスポーツ「Z900RS CAFE」 カラーとグラフィックを変更し発売

カワサキのレトロスポーツモデル「Z900RS CAFE」は、カラーとグラフィックを変更し2018年8月1日に発売します。

レトロスポーツモデルの勢いはどこまで続くのか?

 カワサキは、発売以来Z900RSと共に高い人気を誇るレトロスポーツ「Z900RS CAFE」を8月1日に発売します。

「Z900RS CAFE」ストームクラウドブルー

「Z900RS CAFE」の外観は、スポーティな雰囲気を高めたカフェレーサー仕様とし、フロントカウルやローポジションハンドルを装備しています。さらに、Z1からインスピレーションを受けたティアドロップフューエルタンクやエンジンカバーをはじめ、テールカウル、ホイール、ボルト類にもこだわっています。

 車体は、従来型のヴィンテージライムグリーンに新色のストームクラウドブルーとメタリックグラファイトグレーを加えたカラー&グラフィックを採用。

 エンジンは、カワサキ伝統の並列4気筒を搭載し、最高出力111馬力を発生、低中速回転域でのトルクを重視した特性でパワーと扱いやすさを高い次元で両立しています。装着されたエンジンカバーは、すべてアルミダイキャスト製で高級感を演出し、特有の光沢を放ち美しさを際立たせています。

 先進のライダーサポート技術には、スポーツライディングから滑りやすい路面の走行まで、安定した車体の挙動維持をサポートするカワサキ・トラクション・コントロールやギヤポジションインジケーター、オドメーターなどを表示しるマルチファンクション液晶パネル、LEDヘッドライトなど高性能な装備を多数採用しています。

「Z900RS CAFE」ストームクラウドブルー

「Z900RS CAFE」の価格は、135万円(税込)です。(ヴィンテージライムグリーンのみ2018年秋発売予定)

【了】

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事