地味な商用車にも新たなニーズ? ホンダ新型軽商用車「N-VAN」が画期的と話題になる理由

ホンダが軽商用車「N-VAN」の概要を発表して話題です。2018年夏発売で先行してボディスタイルや色が公開されました。宅配便や商店の配達などで幅広く使われ、誰もがお世話になっている軽商用車が変化するきっかけとなりそうです。

商用車は商売に利益をもたらすかどうかがすべて

 ホンダが2018年夏発売予定の新型軽商用車「N-VAN」は、これまでの軽商用車とは一線を画すと話題になっています。これまでの軽バンに比べ、メカニズムが大きく変化し、荷物の積み方が大きく変化する可能性があるからです。果たして軽商用車バンの世界を大きく変化させることになるのでしょうか。

2018年夏登場の軽商用車、ホンダ N-VAN

 新型「N-VAN」は特徴あるボディスタイルや、豊富なカラーバリエーションも注目されています。トラックやバンといった商用車の世界とは、経済性がほぼすべてといってよい世界です。カタログ燃費やカッコ良さで競っても、コストが商売にとってプラスかマイナスかで売れるかどうかが決まります。その商用バンの世界では、これまでエンジンを床下に置いて後ろの車輪を駆動する軽商用車ばかりでした。

 エンジンが床下だった理由は荷室サイズ。軽自動車は長さ3.4m、幅1.48m以下という決まりがあります。このため、荷室の長さを重視すると、N-VANのように運転席の前にエンジンを置くことはできませんでした。

N-VANの荷室、最大長は2635mmだがフロントシートより後ろは1510mm

 具体的には、N-VANの荷室長こそ最大2635mmとされていますが、これは助手席を畳んた最大長。四角いモノを積む場合、フロントシートの後ろからの長さは1510mmとなります。ベニヤ板や畳を平らに積むには足りません。エンジンが床下にある1BOXタイプの従来型「ホンダ アクティバン」は運転席と助手席が使える状態で長さが最大1940mmありました。

 一見、荷室サイズにデメリットがあるようにも見える新しいN-VANですが、メリットも多くあります。そのひとつは低床性。従来のアクティバンの床の高さは地面から665mmでしたが、N-VANでは525mmと14センチ低くなり積み降ろしがしやすくなります。荷室の高さも1200mmから最大1365mmへと高くなっていますので、逆にN-VANでないと積めない荷物もあるでしょう。

 また、助手席のドアとその後部のスライドドアの間にあるピラー(柱)がないため、両方を開ければ広大な開口部となり、左側面からの積み下ろし性能や、助手席までフラットになる荷室空間は、細長い物の積載には便利です。これらの点についてメリットを感じる人も多いと思います。

 この点についてホンダは「助手席のダイブスタイルで、これまでよりも積みやすさという新しい価値があり、そういう点では従来と同等としています」といいます。

 また、これまでの商用バンに多かった1BOXバンにしなかった理由を尋ねると、「働く人を取り巻く環境が変わる中、乗り心地・安全性・静粛性や積載性に配慮した新たなバンのカタチを検討してきました。その結果、これまでの商用バンに多かった1BOXタイプのバンではなく、ホンダらしいパッケージングで商用バンの新しいニーズに応える提案として、今回の『N-VAN』を開発しました」(ホンダ)といいます。

ホンダ新型「N-VAN」の詳細を写真で見る(24枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事