トヨタ、レクサスLCでニュル24時間耐久レース SP-Proクラス1位・総合96位で完走

TOYOTA GAZOO Racingは、2018年5月10日(木)から13日(日)にかけて、開催された第46回ニュルブルクリンク24時間耐久レースにレクサスLC(56号車)で参戦し、SP-Proクラス1位、総合96位で完走しました。

レクサスLCは総合96位、SP-Proクラス1位で無事完走

 TOYOTA GAZOO Racingは、2018年5月10日(木)から13日(日)にかけて、ドイツにあるニュルブルクリンクサーキットで開催された第46回ニュルブルクリンク24時間耐久レースにレクサスLC(56号車 : 土屋 武士/松井 孝允/蒲生 尚弥/中山 雄一)で参戦し、SP-Proクラス1位、総合96位で完走しました。

LEXUS LC(Qualifying Race)

 10日(木)、11日(金)に行われた予選の結果、レクサスLCは8分34秒591を記録し、総合32位で決勝を迎えました。出走台数147台となった決勝レースは、現地時間12日(土)15時30分にスタートし、松井選手がスタートドライバーを担当しました。

 スタート直後に他車との接触があり、車両へのダメージが心配されましたが、緊急ピットインするまでには至らず、予定通りのピットインで処置を実施。その後も、パワートレイン、ブレーキ、タイヤ、電気系等のトラブルが発生しましたが、そのたびにドライバー、メカニック、エンジニアが迅速かつ確実に対応し、クルマを再びコースに送り出しました。

 13日(日)早朝6時30分以降は、大きなトラブルなく周回を重ねていき、徐々に順位を上げていきました。そして、15時30分にチェッカーフラッグが振られ、レクサスLCは、総合96位、SP-Proクラス1位で無事完走を果たしました。

 ニュルブルクリンク24時間耐久レース 2018を終えて、GAZOO Racing Company President 友山 茂樹氏は、「何度も予定外のピットインを強いられながら、何とか24時間を走り切りって完走できたことを感謝します。ドライバー、メカニック、エンジニア、サポートスタッフがそれぞれの役割を果たし、最後の最後まであきらめずにクルマを走らせようと努力した結果だと思います。
 ここニュルブルクリンクで得られた知見や、鍛えた技術は、今後GRブランドの各モデルに採用されていくばかりでなく、今後トヨタ自動車が投入する市販車の数々に、必ずや活かしていきます。

 トヨタの『もっといいクルマづくり』と、それを支える『人づくり(人材育成)』に終わりはありません。そのためにも、これからもニュルへの挑戦を続けていきます」と語りました。

【了】

2018年ニュル24時間耐久レース「レクサスLC」の写真を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事