BMWの「R nine T Racer(アール・ナインティ・レーサー)」は、レーシングマシンそのもの

BMWは、流行中のネオクラシックブームに合わせ5種類のモデルをラインナップしています。その中で最もスポーティなモデル「R nine T Racer(アール・ナインティ・レーサー)」は、どんな走りをみせてくれるでしょう。

ネオクラシックの波がBMWにも波及した!

 バイク界で絶賛流行中のネオクラシックモデルですが、BMWももちろんラインナップしています。現在5種類のモデルが用意され、その中で最もスポーティなスタイルを纏っているのがこの「R nine T Racer(アール・ナインティ・レーサー)」です。

BMW Motorrad「R nine T Racer(アール・ナインティ・レーサー)」

 ネオクラシックブーム自体はもう結構長く続き、日本で最初にヒットしたのは1989年に登場したカワサキ・ゼファー400でしょう。もっとも、その頃はネオクラシックという言葉は一般的ではなく、「ノスタルジックなベーシックスポーツ」とか「レトロなノンカウルバイク」なんて呼ばれていました。

 そうこうするうちにいくつかのメーカーがその流れに乗っかり、「見た目はクラシカルだけど中身は最新」というモデルが徐々に増えていきました。いつしかそれが「ネオクラシック」や「ネオレトロ」、「モダンクラシック」と呼ばれるようになり、今ではすっかりひとつのカテゴリーとして定着したというわけです。

 ちなみにこうした動きはクルマ界も同様で、古き良き時代のスタイルと車名を新しい技術でよみがえらせたニュービートルやニューミニは特に有名ですね。

 アール・ナインティ・レーサーは日本に2017年から導入が始まったモデルで、ヘッドライトを覆うハーフカウルと低い位置に装着されたクリップオンハンドル、そして1人乗り用のシングルシートカバー(専用のフレームとステップを装着し、構造変更の申請をすれば2人乗りも可)を標準装備しているのが外観上の特徴です。

 モチーフになっているのはかつてのレーシングバイクであり、1973年に登場して数々のレースで活躍したR90Sが直接的な元ネタになっています。

「やはり、多くのお客様が70年代のレーシングシーンとの親和性を感じていらっしゃるようです。R90Sは市販車を改造して速さを競う“スーパーバイクレース”で活躍したモデルですが、特に50代以上のライダーの方々にとっては懐かしく、その頃の憧れにひたれることが支持されている要因ではないでしょうか」とBMWのマーケティングを担当する大西洋介さんがユーザーの傾向を語ってくれました。

この記事の画像をもっと見る(15枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事