ホンダ、新型セダンと中国専用EVのコンセプトモデルを世界初公開 2018北京モーターショー

ホンダは、中国・北京で4月25日から開催予定の2018年北京モーターショー(第15回北京国際汽車展覧会)において、中国専用電気自動車(EV)のコンセプトカーと、新型セダンのコンセプトモデルを世界初公開すると発表しました。

ホンダ、3車種の世界初公開モデルを発表

 ホンダは、中国・北京で4月25日から開催予定の2018年北京モーターショー(第15回北京国際汽車展覧会)において、中国専用電気自動車(EV)のコンセプトカーと、新型セダンのコンセプトモデルを世界初公開すると発表しました。

2016北京モーターショーで発表されたアキュラ「CDX」

 ホンダの中国における四輪生産販売合弁会社である広汽本田汽車有限公司(以下、広汽ホンダ)は、広汽ホンダとして初となるEVの発売を2018年に予定しており、今回はそのコンセプトモデルを展示するとしています。

 また、東風本田汽車有限公司(以下、東風ホンダ)からは、新型セダンのコンセプトモデルを展示。ホンダのプレミアムブランドのアキュラは、 世界初公開となる「CDXハイブリッド」などを展示する予定とのことです。

●広汽ホンダ
・中国専用 EV コンセプトモデル(ワールドプレミア)
・新型アコード ハイブリッド(中国プレミア)
<その他市販モデル>
アヴァンシア、ヴェゼル、アコード、クライダー、オデッセイ、シティ、フィット

●東風ホンダ
・新型セダン コンセプトモデル(ワールドプレミア)
<その他市販モデル>
UR-V、XR-V、シビック、スピリア ハイブリッド、GIENIA(ジーニア)、 エリシオン、ジェイド

●アキュラ
・CDX ハイブリッド(ワールドプレミア)
・新型 RDX プロトタイプ(中国プレミア)
<その他市販モデル>
NSX、TLX-L、CDX

【了】

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事