スバル、顔認識技術搭載の新型「フォレスター」世界初公開 日本は6月末発売か

グローバルで見るとスバル車で最も売れているクルマ「フォレスター」が5代目にフルモデルチェンジしました。新型フォレスターは、iPhone Xと同じく顔認証技術も搭載! いったいどんなクルマに生まれ変わったのでしょうか。

ドライバーの顔を認識する5代目の新型フォレスター

 スバルが5代目となる新型「フォレスター」を日本時間の3月29日、米国で開催されているニューヨークオートショー2018で世界初公開しました。

スバル 5代目 新型フォレスター(米国仕様)

 スバルのSUVフォレスターは、グローバルで見るとスバル車で最も売れているクルマです。今回、初公開された新型フォレスターは、米国仕様となり、北米では2018年秋から販売を開始するとアナウンスされました。

 新型フォレスターの特徴は大きく4つとなります。

 1つ目は、ドライバーの顔をモニタリングすることで、ドライバー個々の設定に対し、メモリー状態に自動でセットされる、スバル初の技術「ドライバーモニタリングシステム」を採用したことです。

 このモニタリングシステムは、まずドライバーが運転席に乗り込むと、ダッシュボード中央にあるカメラでドライバーの顔認識を行います。イメージは、iPhone Xの顔認識機能と同じです。この顔認識によりクルマ自体が乗り込んだドライバーが誰なのかを判断してくれます。

 その後、メモリーされているドライバー個々の設定状態に自動で修正してくれます。このメモリー機能は、よくあるシートメモリー機能だけではなく、ドライバー個々が設定していたドアミラーの角度まで対応しているとのことです。

 また、目の動きを見ていることで、脇見や居眠りも推定して注意を促してくれるという安全運転サポートもしてくれます。

 新型フォレスターのトピックスはこれだけではありません。2つ目は、現行型インプレッサから導入された、スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)を採用したことで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や快適な乗り心地も実現したとのことです。

 3つ目はパワートレインで、先に発表された一回り大きなSUV、新型「アセント」にも搭載される新開発2.5リッター水平対向4気筒直噴エンジンを搭載。これに7速マニュアルモード付のCVTを組み合わせ、従来型よりも運転の愉しさを向上させているそうです。

 そしてもうひとつ、スバル独自のシンメトリカルAWDと進化したX-MODE搭載により、SUVらしい悪路走破性を高めたことです。

この記事の画像をもっと見る(30枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事