人気の軽ワゴン、スズキ新型「スペーシア」の実力は? 異なる2つのキャラの違いとは

今、軽乗用車の販売で最も人気が高い背高系の「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるカテゴリー。その人気カテゴリーの新型車ということで注目されている新型スペーシアはどんなクルマになっているのか、試乗してチェックしてみたいと思います。

打倒N-BOXなるか、新型スペーシアの実力をチェック

 ミラクルオープンドアをもつダイハツ「タント」や、フルモデルチェンジしたホンダ新型「N BOX」に勝負を挑むモデルとして、2017年12月に2代目となる新型「スペーシア」を発売しました。見た目のスタイリングからして大胆に一新された新型モデルの実力が気になるところです。

スズキの新型スペーシア(右)/スペーシア・カスタム(左)(撮影:中野英幸)

 今、軽乗用車の販売で最も人気が高い背高系の「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるカテゴリー。その人気カテゴリーの新型車ということで注目されている新型スペーシアはどんなクルマになっているのか、試乗してチェックしてみたいと思います。

 新型スペーシアは標準モデルの「スペーシア」のほかに、存在感を高めた「スペーシア・カスタム」という、表情が異なる2つのキャラを設定していますが、まずは標準モデルとなるスペーシアから乗ってみました。

 青信号の発進は十分な加速を見せるものの、先代スペーシアような軽快さは感じず、どちらかというと、もっと上級な車をドライブしているような落ち着いた乗り味という印象を受けました。

「もうちょっと元気に加速したい」という気分の時に活用したいのが、ハンドルの上に新設されたパワーモード(PWR)。スイッチをオンにすると、エンジンにプラスでモーターがアシストを行うことで、フル乗車時の登り坂や高速道路の合流で力強い加速を披露してくれました。

 新型スペーシアでちょっと気になったのはブレーキを掛けたり、車線変更するといったシーンで、天井付近がわずかに揺すられる感覚が残る部分。そのあたりは、全高が従来よりも50mm高まった影響もありそうですが、走りのまとまりについては、改良の余地がありそうです。

この記事の画像をもっと見る(26枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事