日産、脳波測定による運転支援技術を搭載したSUV「IMx KURO」をジュネーブショー2018で公開

日産は、2017年東京モーターショーで世界初公開された、電気自動車SUV「IMx」をさらに進化させた、「IMx KURO」をジュネーブショー2018で公開しました。

「黒」に進化!?東京モーターショーから新たな可能性を模索

 日産は2018年3月6日、電気自動車(EV)のSUVコンセプト「IMx KURO」を、ジュネーブ国際モーターショーにて公開しました。

ジュネーブショー2018で公開された日産EVのSUVモデル「IMx KURO」

 今回のジュネーブモーターショーでのお披露目が、「IMx」の欧州初公開となります。

「IMx KURO」は、2017年10月に東京モーターショーにて世界初公開したコンセプトカー「IMx」を、「黒」をテーマに一新したモデルになります。

 東京モーターショーでの公開後、日産のグローバルデザイン担当専務のアルフォンソ アルバイサ率いるデザインチームは、「IMx」のデザインを一部変更し、新たに「IMx KURO」を完成させました。

 アルフォンソ アルバイサは、「東京モーターショーが終わった後も、私たちデザインチームは『IMx』の可能性について考察を続けました。細部やアクセント、カラーなどに変更を加えることで、『IMx』のSUVらしさを更に引き出せないかと考えたのです。

 その結果、部分的な変更でありながらも、クルマとして全く異なるパーソナリティを持った『IMx KURO』を創り上げることが出来ました。私たちは新しいIMxの象徴として名前に『KURO』を付けくわえています」と述べています。

 フロントの中央に位置するシンプルなグリルは、フードと相まって、その立体感をさらに強調し、ホイールとトリムのブラック仕上げに合わせて、ボディカラーをパールホワイトから深みのある、ダークスモーキーグレーに変更しています。

 また「IMx KURO」は、日産が独自開発した脳波測定による運転支援技術、「Brain to Vehicle(B2V)」技術も搭載しています。

 B2Vは、ドライバーの脳波を測定、解析することで、マニュアル運転時にも自動運転時においてもドライバーの思い通りの運転を実現することをサポートしてくれるといいます。

 日産のチーフ・パフォーマンス・オフィサーであるホセ ムニョスは、「ゼロ・エミッションのクロスオーバーコンセプトカーである『ニッサン IMx KURO』は、人とクルマのコミュニケーション、社会とクルマとの関わり方を変える『ニッサン インテリジェント モビリティ』の将来を体現しています」と語っています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事