ダイハツ インドネシアで小型乗用車シリオンをフルモデルチェンジし発売

ダイハツの現地法人アルトラ・ダイハツ・モーター社は、小型乗用車「シリオン」をフルモデルチェンジし発売しました。

アセアン向け次世代エンジン搭載

 ダイハツのインドネシアの現地法人であるアルトラ・ダイハツ・モーター社(以下ADM)は、小型乗用車「シリオン」をフルモデルチェンジし、インドネシアで2月13日に発売しました。

新型「シリオン」

 新型「シリオン」は、従来車よりも全長・全幅を広げる事で、ロー&ワイドなスタイリッシュデザインと、従来車を上回る室内空間や荷室の広さを両立させています。

 また、プラットフォームの改良により、操縦安定性やNV性能の工場を実現しています。

 エンジンは、アセアン向け次世代エンジンの「1NR-zve(1.3リッター)」を搭載し、トランスミッションは5MTと4ATを選択可です。

 新型「シリオン」も従来車同様ダイハツとマレーシアとの現地合弁会社であるプロドゥアで生産し、ADMがOEM供給を受けて販売します。

【了】

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事