圏央道「横浜湘南トンネル」上り線がいよいよ貫通へ!? 湾岸線直結まで「最後の未開通部」工事進行中「まずは対面通行で暫定開通して」の声も!?

国土交通省 横浜国道事務所は2024年7月9日、横浜市内で進められている圏央道の未開通区間「横浜湘南道路」工区(藤沢~栄)について、上り線のシールドトンネル部分が貫通間近と発表しています。

藤沢~横浜栄つなぐ5.6kmの地下トンネル

 国土交通省 横浜国道事務所は2024年7月9日、横浜市内で進められている圏央道の未開通区間「横浜湘南道路」工区(藤沢~栄)について、進捗を発表。
 
 そのなかで、藤沢と栄をつなぐ5.6kmのトンネル区間のうち、いよいよ「横浜方面トンネル」が”貫通”を迎えるとしています。

圏央道の栄IC・JCT。戸塚方面と藤沢方面、釜利谷方面が接続する(画像:国土交通省)。
圏央道の栄IC・JCT。戸塚方面と藤沢方面、釜利谷方面が接続する(画像:国土交通省)。

 圏央道は都心50km圏をぐるりと回る高速道路です。千葉~埼玉~東京~神奈川を環状につなぎますが、最後の最後で未開通となっているのが、成田空港周辺と、この横浜区間です。

 横浜区間は、藤沢から西進し、栄JCTを経由して、横浜横須賀道路の釜利谷JCTに直結するものです。

 ほとんどが地下トンネル区間で、特に藤沢~栄は5.6kmにも及ぶ長大なシールドトンネルで抜けていくことになります。

 そのシールドトンネルは上り線(横浜方面)と下り線(藤沢方面)で別々に掘削されますが、その片方の横浜方面トンネルが、まもなく掘削完了となります。

 シールド工事は、まず「シールドマシン1号機」が、上り線の途中の「大鋸発進立坑」から、藤沢方面へ掘削開始。藤沢側で折り返して下り線の掘削に入る計画でした。

 しかし、1号機は2019年に損傷した影響で、藤沢の折り返し地点で今もストップ中です。

 その代わりに「シールドマシン2号機」が栄側から、1号機を追いかけるように、上り線(横浜方面)を掘削開始。

 その2号機がいよいよ、1号機の出発地点「大鋸発進立坑」付近へ到達したのです。

 7月8日から、いよいよ1号機の掘ったトンネルとつなぐため、壁を掘り崩していく作業がスタートしました。一度掘ったトンネルの壁をぶち抜くため、薬液注入などで崩壊を防ぐ「地中接合」という特別な工事になります。

 長い地下トンネルのやっと「半分」が完成するというニュースに、コメントでは「シールドマシンもっと投入して掘って欲しい。ここの渋滞がなくなれば横浜に行く人絶対楽になる」「1号機早く折り返して!」「頑張れシールドマシン2号!」など、期待する声が上がっています。

 なかには「まずは上り線のトンネルが完成したら、そこを対面通行で暫定開通させてほしい!」といった声も見られました。

【画像】超便利!? 圏央道「横浜区間」ルートと工事状況です(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー