トヨタ新型「商用バン」発表! 6速MT設定アリ&斬新“大口顔”がカッコイイ! 最も売れてる「プロエース“シティ”」に「日本でも!」と熱望の声も…仏に登場

トヨタのフランス法人は、新型「プロエースシティ」の発売を2024年5月3日に発表しました。これについてユーザーから反響が集まっています。

トヨタ新型“商用車”「プロエースシティ」発表に反響!

 トヨタのフランス法人が2024年5月、新型「プロエースシティ」を発売しました。これについてユーザーから反響が集まっています。

ウィンドウだけパカッ! トヨタ新型「プロエース シリーズ」
ウィンドウだけパカッ! トヨタ新型「プロエース シリーズ」

 トヨタは近年、欧州で展開するLCV(ライト・コマーシャル・ビークル=小型商用車)の開発、販売に力を入れており、2023年の販売台数は約14万5000台と過去最高を記録しています。

 そのなかで最も売れているのが小型バンのプロエースシティです。

 プロエースシリーズは、シトロエンやプジョー、フィアットなどを傘下にするステランティスグループが設計・生産した車両をトヨタの販売網で展開するOEM(相手先ブランドによる生産)車です。

 さて、今回フランスで発売された新型プロエースシティは、2016年のフルモデルチェンジを受けた2代目以降で最大の改良が施されました。

 特徴のひとつに挙げられるのがフロントデザインで、ブラック塗装が大幅に加わりモダンながら力強い印象を感じさせます。

 また車内のコックピットも、センターディスプレイの大型化に伴って部分的にデザインが変更されました。

 パワーユニットは1.2リッターガソリンエンジン、1.5リッターディーゼルエンジン、モーター(最高出力136HP)の3種類がラインナップ。ギアボックスはガソリン車が6速MT、ディーゼル車が6速MTまたは8速ATとなっています。

 モーター搭載のEV(電気自動車)は50kWhのバッテリーを搭載し、航続距離は50km向上して330kmとなりました。

 価格はガソリン車が2万5560ユーロ(約425万円)から、ディーゼル車が2万6760ユーロ(約445万円)から、EVが3万9240ユーロ(約655万円)から(消費税込)。

 今回発表されたプロエースシティの登場に「実用的ですっきりしたデザインだね!」「結構好きかも」と好反応の声、また「日本でも発売してほしいな〜」「日本でもお願いします〜!」と日本導入への声、「日本で出たらいくらになるんだろ〜」と価格について反応する声など、さまざまな反響が寄せられていました。

 なお、今回のプロエースシティのほか、中型のプロエース、大型のプロエースマックスも大幅な改良を受けた新型が発表されており、順次欧州各国で発売されます。

【画像】「えっ…!」これがトヨタの新型「商用バン」です! 画像で見る(42枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 日本発売しない情報は不要

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー