知らないと「うっかり交通違反」!? 謎の「黄色ちょうちょマーク」の意味とは「知らなかった」「気を付けよう」の声も 見かけたらまず注意すべきこととは

クルマの車体に「ちょうちょマーク」のステッカーが貼られていることがあります。これは何を意味しているのでしょうか。また、このマークのついたクルマを見かけたら、周囲のクルマは何をすべきなのでしょうか。

意外と知られていないマークの意味

「初心者マーク」を貼ったクルマはよく見かけますが、似たようなステッカーとして、緑地に黄色の「ちょうちょ」マークが書かれているものを貼っているクルマを、時々見かけるかもしれません。
 
 この「ちょうちょマーク」は何を意味しているのでしょうか。また、このマークのついたクルマを見かけたら、周囲のクルマは何をすべきなのでしょうか。

たまに見かける「ちょうちょマーク」って一体何だ!?
たまに見かける「ちょうちょマーク」って一体何だ!?

 このマークは「聴覚障害者標識」というものです。

 耳が不自由な人は、補聴器を装着することで不自由さを緩和しています。この場合、運転免許証ではメガネと同様に「補聴器条件」が課されており、補聴器が無ければ周囲の交通状況を「音で察知する」ことができず、安全な運転判断ができる状態ではないとみなされてしまいます。

 しかし、補聴器を使用しても聴きとるのが困難な人もいます。そういった人々でもクルマを運転して生活できるよう、道路交通法では「特定後写鏡(ワイドミラーまたは補助ミラー)」を装備することで、運転が可能になるという仕組みがあります。

 対象となるのは「両耳の聴力が、10メートルの距離で、90デシベルの警音器の音が聞こえない場合」あるいは、「補聴器条件が付されていて、準中型車と普通車に限って『補聴器なし』で運転を希望する場合」です。

 対象となったドライバーは、クルマに「聴覚障害者標識」を掲示しなければなりません。これが「ちょうちょマーク」の正体です。

 ステッカーで周囲に知らせるのが義務化されている理由は、「周囲の交通はこのクルマにきちんと配慮しなければならない」という規定があるからです。

 道路交通法第71条第5号では、初心者マークや高齢者マークなど同様に「マーク掲示車に対し、幅寄せや急な割り込みをしてはならない」と書かれています。

 これを守らなければ「初心運転者等保護義務違反」という交通違反に該当する可能性があり、違反点数1点、反則金は大型車7000円、普通車・二輪車が6000円、原付が5000円となります。さらに刑事罰も適用され、5万円以下の罰金も課されてしまいます。

 これらは免許取得時や更新時などに配布される「交通教本」に明記されています。

 ネット上でも「なんとなくこれ見かけるけど気にしなかったな~」「そういうことだったのか!」「えっこれ普通に気を付けないとやばいじゃん」など、初めて知って驚いたという声も見かけます。

 うっかり交通違反とならないよう、第一に周囲への思いやりを常に意識しつつ、安全運転を心がけましょう。

【画像】えっ…!? これが謎の「ちょうちょマーク」です(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 逆に身障者マ-ク(特に車椅子)を健常者が貼ってることの方が多いですね~見た目ハングレの!スーパなどに身障者用スペ-スに停めるためらしいですが、100均で手に入ることが悪用に使われてます。是非警察署での発行に統一していただくのと、健常者が貼付した場合、罰則が必要かと。
    それと高齢者の枯れ葉マ-ク。障碍者じゃないからね

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー