ホンダ新型「RS」今秋登場! 6速MT×ターボの「“スポーティ”シビック」に反響あり! デビューに期待する声多数!

ホンダのハッチバック「シビック」の新たなグレードとして「シビックRS」が2024年秋に登場する予定です。この新型シビックRSに対して、どのような反響があったのでしょうか。

いい感じのスポーティさをあわせ持つ新型シビックが登場!?

 ホンダのロングセラーモデルのひとつに「シビック」があります。
 
 1972年に初代モデルが登場し、それから50年以上にわたって世界で累計約2700万台を販売。多くのユーザーに愛されてきました。

新型「シビックRS」2024年秋に発売!
新型「シビックRS」2024年秋に発売!

 現行モデルは2021年にデビューした11代目。乗る人全員が「爽快」になることのできるクルマを目指して開発されました。

 先代シビック(10代目)はハッチバックとセダンがラインナップされたのですが、現行シビックから国内仕様はハッチバックに一本化。しかしタイやアメリカではセダンも展開されています。

 現行シビックのボディサイズは全長4550mm×全幅1800mm×全高1415mmで、エクステリアは、低重心・水平基調でシンプルかつ流れるようなプロポーションを採用し、存在感のあるデザインを実現しました。

 インテリアは、スタイリッシュかつ先進的なデザインとし、爽やかで心地良く移動ができる空間としています。

 パワートレインは、1.5リッターターボエンジンと2リッターハイブリッド「e:HEV」の2タイプを用意。駆動方式は全車FF(前輪駆動)です。

 また、ターボ車のトランスミッションは、CVTと6速MTが設定されました。

 さらに、シビックのハイパフォーマンスモデルとして「タイプR」がラインナップされます。

 タイプRシリーズとして通算6代目となる現行モデルは2022年9月に発表。

 搭載されるエンジンは先代(FK8型)と同じ2リッターターボですが、最高出力330馬力・最大トルク420Nmへとパワーアップし、歴代シビックタイプRの中でも最強のスペックとなりました。

 このようにさまざまなバリエーションを持つシビックですが、新たなバージョンとして、「RS」が2024年秋に追加される予定です。

 グレード名のRSとは、「ロードセーリング」の頭文字を取ったもの。「水上を帆走するように、悠々と気持ちよくハイウェイを走る」という意味が込められており、初代シビック(1974年)をはじめ、これまでにさまざまなモデルにRSが設定されました。

 2024年1月に開催された「東京オートサロン2024」で「シビックRS プロトタイプ」が世界初公開され、外観のデザインが披露されました。

 フロントは、メッシュタイプのフロントグリルに赤い「RS」エンブレムを装着。専用のエアロパーツやブラックのホイールが装着されるなど、精悍なスタイリングとなるほか、スポーティな走りを予感させるデザインになっています。

 パワートレインは1.5リッターターボエンジンに6速MTを組み合わせているとされており、タイプRほど過激ではなく、「ちょうど良いスポーティさ」を狙ったモデルになるようです。

※ ※ ※

 そんな新型シビックRSに関して、ネットではさまざまな反響が寄せられています。

「シビックRSカッコいいな…」「シビックRSまじで気になる」「正式発表が待ち遠しいです」など、興味を持っている人が多いことがわかります。

 なかには「RSは絶対的な速さというより、街中でカーブを曲がるだけでも楽しいっていうイメージなんだよなー」「RSならボディカラーにサンセットオレンジの設定をお願いします」など、これまでの歴代RSグレードを踏襲した、“RSらしいモデル”となることを希望する人もいるようです。

 また「6速MTとは硬派で良いですね!」「マツダもスバルもMT車の選択肢なくなってきたので、これいってみようかな」など、MT車のラインナップが減少するなか、新たなモデルが登場することを歓迎する声も見られました。

【画像】カッコいい! これが新型「RS」です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー