トヨタが「“新たな”クラウン」を発表!? 斬新“幾何学グリル“の「大きなSUV」! 上質すぎる新型「SIGNIA」は日本でも今夏登場へ?

トヨタの北米法人は6月6日に、「クラウンシグニア」と名付けられた新型車を今夏発売することを発表しました。日本仕様とどのような点が異なるのでしょうか。

トヨタ新型「クラウン“シグニア”」日本との違いは?

 トヨタの北米法人は6月6日に、「クラウンシグニア」と名付けられた新型車を今夏発売することを発表しました。 

 現地のプレスリリースにはトヨタのSUVラインナップに印象的なスタイルとファッショナブルな機能をもたらすと記載されていますが、このモデルは日本でも2024年央以降に発売を予定している新型「クラウンエステート」の北米仕様版です。

鮮烈レッドもカッコイイ! トヨタ新型「クラウン シグニア」
鮮烈レッドもカッコイイ! トヨタ新型「クラウン シグニア」

 クラウンシグニアのパワートレインには240HPを発生させる2.5リッターのハイブリッドシステムを搭載し、すべてのグレードがAWDであることがアナウンスされています。

 このパワートレインはすでに北米地域で販売されているクラウン(日本名:クラウンクロスオーバー)の2.5リッターモデルと同等と考えられ、日本仕様で販売が予定されている新型クラウンエステートにも同様のものが搭載されると見られています。

 一方、日本仕様の新型クラウンエステートにはハイブリッドに加えPHEV(プラグインハイブリッド)モデルもラインナップされると公表されていますが、現在のところ北米向けのクラウンシグニアへの設定は発表されておらず、この辺りは仕向け地によってパワートレインを選択している可能性もありそうです。

 エクステリアのデザインはすでに発表されている新型クラウンエステートと大きく変わりませんが、北米仕様の特徴のひとつでもあるサイドマーカーが前後のホイールアーチ部分に備わるほか、クラウンシリーズではおなじみの王冠マークが備わっているフロント、ステアリングセンター、ホイールセンターのエンブレムがトヨタエンブレムに置き換えられている点が大きな差異となっています。

 インテリアのデザインは左ハンドル化によって左右が鏡像となっている以外はこちらも大きな変更は見受けられませんが、日本仕様では3色用意されるインテリアカラーが、クラウンシグニアではブラックとサドルタンの2色展開となっている点も違いとなっているようです。

 クラウンシグニアにはエントリーグレードの「XLE」と上級グレードの「Limited」が用意され、XLEでも必要な装備はほぼほぼ標準装備化されていますが、Limitedになるとホイールが19インチから21インチにインチアップされ、ガラスパノラマルーフや11スピーカーのJBLプレミアムオーディオシステム、デジタルリアビューミラー、デジタルキー機能(スマホをキーにすることができるもの)などがプラスされるとのこと。

 価格はXLEグレードが43,590ドル(日本円で約700万円)、Limitedグレードが47,990ドル(日本円で約770万円)となっていますが、円安の影響もあり日本で新型クラウンエステートとして登場する際はもう少し安い価格で発表されるのではないでしょうか。

 北米向け新型クラウンシグニアは今夏の発売が予定されている一方、国内の新型クラウンエステートは当初の発売予定を後ろ倒しして2024年央以降の発売となっていますが、もしかするとクラウンシグニアと近いタイミングで正式発売となる可能性もありそうです。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「クラウン”シグニア”」を画像で見る(90枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー