日本の中古車相場が「ロシア」の影響で下落!? 厳しい「輸出規制」のなかで「売れている」クルマも? 意外な“ロシア行き日本車”とは

日本の一大中古車マーケットだったロシアですが「ウクライナ侵攻」により、中古車相場に大きな影響を及ぼしています。しかしそんななかで輸出が継続され人気のクルマもあるといいます。最新の中古車事情について紹介します。

「ロシアのウクライナ侵攻」が中古車相場にも影響を及ぼしている!?

 下取りに出されたクルマは、そのまま国内で中古車として販売されるものもありますが、その多くが海外へと輸出されていきます。その最大の輸出先はロシアでした。
 
 ただ2023年8月、日本政府はロシアのウクライナ侵攻への制裁処置として中古車輸出を厳格化し、ロシアへの中古車輸出台数も激減しています。しかし厳しい規制をすり抜け、いまもロシアへは多くの日本の中古車が輸出されています。

中古車の相場動向は国内需要のみならず輸出の有無も大きく影響を及ぼしています[画像はイメージです]
中古車の相場動向は国内需要のみならず輸出の有無も大きく影響を及ぼしています[画像はイメージです]

 ロシアへの輸出が禁止されたのは、排気量1900cc超の自動車(ガソリンエンジン車、ディーゼルエンジン車)、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車(EV)。

 逆にいうと、排気量1900cc以下のガソリン車であればこの規制を免れ、輸出ができることになります。

 中古車の海外輸出事情に詳しい中古車買い取り専門店の担当者は、次のように話します。

「規制が厳格化されるまで、ロシアへは、トヨタの『ランドクルーザープラド』や『プリウス』をはじめとして、コンパクトカーやミニバン、大型SUV、それらのハイブリッド車やディーゼル車、バッテリーEVなど、雑多な種類の中古車が、非常に多く輸出されていいました」

 しかし厳しい規制が敷かれた今も、排気量1900cc以下の乗用車の場合は免れるというのは前述の通り。そのため以下のクルマが人気だといいます。

「今は、ガソリン車のトヨタ『ライズ』や『ヴィッツ』『パッソ』、ホンダ『ヴェゼル』、スバル『レヴォーグ』などが良く輸出されていいます」

 一方で、これまで多くロシアへ輸出されていたのに、規制によって輸出ができなくなったのは、前述のプラドやプリウスだけではありません。

 例えば日産「ノートe-POWER」やトヨタ「アクア」、ホンダ「ヴェゼル ハイブリッド」といったコンパクトなハイブリッドモデルは多く海を渡っていました。

 またトヨタ「ハリアー」「RAV4」、日産「エクストレイル」、スバル「フォレスター」といったミドルクラスのSUVも人気でした。

 さらに日産「セレナe-POWER」やトヨタ「ノア/ヴォクシー」のハイブリッドモデル、さらには日産「リーフ」(初代)の人気も根強かったといいます。

【画像】「えっ…!」これが「ロシアで売れてる日本車」です!(15枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー