スズキ新型「コンパクト“SUV”」発表! 全長4.1級ボディでMT設定も!? 顔面刷新で“超タフ顔”になった「ビターラ」スペインに登場

スズキのスペイン法人は2024年6月11日、「ビターラ」の新たな改良モデルを現地で発売したと発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

スズキの新型コンパクトSUV「ビターラ」登場

 スズキのスペイン法人は2024年6月11日、コンパクトSUV「ビターラ」の新たな改良モデルを現地で発売しました。

顔が変わった! スズキ新型「ビターラ ハイブリッド」
顔が変わった! スズキ新型「ビターラ ハイブリッド」

 ビターラは、1988年にデビューした「エスクード(日本名)」をルーツとするコンパクトSUVです。

 現行モデルは2015年に登場。ハンガリーで生産され、世界戦略車として欧州やASEANなどで販売されています。

 改良新型のボディサイズは全長4185mm×全幅1775mm×全高1600mm。今回の改良ポイントは、まずフェイスリフトです。

 グリルが従来の縦基調から横基調になり、バンパー開口部が視覚的に大きく見えるデザインになったことで、地面を踏みしめる踏ん張り感が強調されました。

 また、ヘッドライトのフルLED化にともない、従来バンパーに装着されていたフォグランプが廃止されました。バンパー全体のデザイン変更と相まって、スタイリッシュな雰囲気になっています。

 リアは、スポイラー形状がクオーターピラーとつながる門構えのデザインになったのが特徴。ガラスまわりのボリューム感を高めています。

 機能面では、コネクテッドサービスが拡充されました。スマートフォンでクルマの機能操作や状態確認できるメニューが大幅に増えるとともに、インフォテインメントディスプレイのサイズが7インチから9インチに拡大され、利便性が向上しました。

 パワーユニットは従来型と同様、1.4リッターマイルドハイブリッドまたは1.5リッターハイブリッドの2本立てです。ギアボックスは前者が6MT、後者が6AGS(オートギアシフト)。FWDと4WDを設定します。

 改良新型の価格は2万4514ユーロ(約425万円)から。従来型も当面販売され、こちらは2万4014ユーロ(約415万円)からとなります。

【画像】超カッコイイ! スズキ新型「コンパクトSUV」を画像で見る(41枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー