三菱が「新型“コンパクト”SUV」発表! 全長4.3m級×クラス超え「上質内装」採用! 斬新「T字ライト」採用の「新型Xフォース」フィリピンで発売

三菱のフィリピン法人は新型コンパクトSUV「エクスフォース」を発売しました。どのようなクルマなのでしょうか。

新型「エクスフォース」 上質内装に精悍デザイン採用

 三菱自動車工業のフィリピン法人は2024年6月28日、新型コンパクトSUV「エクスフォース(X-FORCE)」の先行予約を開始しました。
 
 発売は7月5日を予定しています。

精悍顔の三菱「エクスフォース」フィリピンで発売
精悍顔の三菱「エクスフォース」フィリピンで発売

 エクスフォースは2023年8月にインドネシアで世界初公開されたグローバルモデルのコンパクトSUVです。

 主にASEAN地域に向けて開発され、インドネシアでの発売を皮切りに中南米、中東、アフリカにも投入されます。

 ボディサイズ(インドネシア仕様)は全長4390mm×全幅1810mm×全高1660mm、ホイールベース2650mmと、トヨタ「カローラクロス」や三菱「エクリプスクロス」などに近いボディを持ちます。

 デザインテーマは「シルキー&ソリッド」を提唱し、直線基調の立体的な面構成にメリハリをつけ、SUVの逞しさや躍動感を表現。

 フロントフェイスはT字形のヘッドライトに三菱のデザインテーマである「ダイナミックシールド」を組み合わせ、力強い雰囲気を感じさせます。

 ボディサイドはピラー上部がブラックアウトされる2トーンカラーにより、都会的で洗練されたスタイルを実現。

 リアはフロント同様のL字型を採用し、大型のリアスポイラーを組み合わせ、スポーティなイメージも持たせています。

 インテリアは、「HORIZONTAL AXIS(ホリゾンタル・アクシス)」をコンセプトとし、クラストップレベルの室内空間を実現。水平形状のインパネを採用することで、スタイリッシュなデザインとともに視界の広さも実現しました。

 また、上級モデルでは12.3インチのディスプレイオーディオや8インチデジタルメーター、ヤマハと共同開発した「ダイナミックサウンドヤマハプレミアム」、アンビエントライト、本革シートなどを搭載し、クラスを超えた上質なモデルに仕上げています。

 パワートレインは最高出力77kW・最大トルク141Nmを発揮する1.5リッター4気筒エンジンにCVTを組み合わせ、全車FF(他地域では4WDも設定)となっています。

 最低地上高は193mmを確保したほか、AYC(アクティブヨーコントロール)や4つのドライブモード選択、テレインコントロールを採用。オンロード、オフロード両面で高い走行性能を確保しました。

 先進運転支援システムでは、アダプティブクルーズコントロールや衝突被害軽減ブレーキをはじめ、ブラインドスポットモニター、リアクロストラフィックアラートも設定し、先進安全性能を強化しています。

 ラインナップは上級モデル「GT」とベーシックモデル「GLS」の2タイプで、価格は136万7000ペソ(約375万円)から158万1000ペソ(約434万円)に設定されています。

【画像】カッコいい! これが三菱「新型コンパクトSUV」です(55枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. トヨタ以外の弱小メーカー達は完全に日本市場は捨ててる感じだね。
    単純作業の仕事は外国人がいるから賃金アップなんて全く考えてない。賃金アップしてるのは優良企業だけ!どんどん凡人の日本人は除外されていく日本市場になんの魅力もないんだろう。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー