超すごいマツダ「5ドアハッチバック」実車公開! 2.5L「爆速ターボ」搭載! ド迫力エアロボディ×シャコタンの「MAZDA3」 山梨に登場

甲信マツダは6月29日から7月4日まで、甲信マツダ 美術館前店(山梨県甲府市)で「MAZDA SPIRIT RACING 3 concept(マツダ スピリットレーシング 3 コンセプト)」を実車展示しています。どのようなモデルなのでしょうか。

2.5リッターエンジン搭載の「MAZDA3」甲府に登場

 山梨県・長野県でマツダの販売店を運営する甲信マツダは、6月29日から7月4日まで、甲信マツダ 美術館前店(山梨県甲府市)で「MAZDA SPIRIT RACING 3 concept(マツダ スピリットレーシング 3 コンセプト)」を実車展示しています。
 
 同車は「MAZDA3 ファストバック」をベースにしたコンセプトカーですが、一体どのようなモデルなのでしょうか。

オートサロンで注目の「MAZDA 3」コンセプトカーが山梨に登場
オートサロンで注目の「MAZDA 3」コンセプトカーが山梨に登場

 MAZDA3は2003年に登場しました。マツダの世界戦略モデルとしてラインナップされ、日本では当初「アクセラ」として発売されました。

 現行型は4代目で、2019年に登場。アクセラの名称が廃止され、グローバルの車名に統一されたほか、新世代のマツダ商品の第一弾モデルとして、上質化を図っています。

 ラインナップは5ドアハッチバックボディの「ファストバック」に加え、4ドアセダンの「MAZDA3 セダン」も用意。

 パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジンのほか、2リッターマイルドハイブリッド「e-SKYACTIV G 2.0」「e-SKYACTIV X 2.0」、そして1.8リッターディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D 1.8」の4タイプを設定しています。

 そして、マツダ スピリットレーシング 3 コンセプトはファストバックをベースに、マツダのモータースポーツ部門「マツダスピリットレーシング」がカスタムを施したコンセプトカーで、2024年1月開催の「東京オートサロン2024」で初公開されました。

 初公開時にマツダは日常では上質な乗り味とし、サーキットではより意のままに操れるクルマの実現を目指した「街中からサーキットまで楽しく走れるクルマ」と説明。

 マツダスピリットレーシングがスーパー耐久レース活動を通して培った、足回りやエアロダイナミクスのノウハウをもとに、内外装に反映しているといいます。

 エクステリアでは、専用フロントバンパーやサイドスカート、リアバンパー、大型ウイングを装着。特にフロントとリアバンパーはスプリッター形状となっており、レーシングカーのような迫力を生み出しました。

 足元はブラックの6本スポークホイールに、レッドのブレーキキャリパーを備え、スポーティに引き締められています。

 現段階で詳細なスペックについては明らかにされていませんが、ベース車には設定がない高性能な2.5リッターターボエンジンが搭載されているようで、通常モデルよりも大幅にパワーアップが図られています。

※ ※ ※

 今回、美術館前店ではマツダ スピリットレーシング 3 コンセプトとともに東京オートサロン2024に登場したコンセプトカー「ロードスター マツダスピリットレーシング RSコンセプト」も同時に展示。

 ロードスター マツダスピリットレーシング RSコンセプトは、2024年1月下旬に発売された「ロードスター」改良モデルをベースに、国内初となる2リッターエンジンを搭載したもので、市販化も検討されています。

【画像】超カッコいい! これがマツダの「スポーツ仕様のMAZDA 3」です! 画像で見る(56枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー